ヒビノケイコの日々。人生は自分でデザインする。

30代、移住11年。都会から山奥へ。高知県嶺北地方、ヒビノケイコの漫画日記。 田舎暮らしと子育て、カフェ&ネットショップ起業、ブログ・講座運営。 田舎のお付き合い。 移住支援活動、日常に役立つ仏教。 悩みながら成長して作ってゆく、新しいライフスタイル。

カテゴリ:移住支援のポイント

シンデレラみたいに王子様と結婚したら「幸せに暮らしましたとさ」とはいかない 田舎は楽しい暮らしができるけれども、場所によっては自殺率も高いという影もある。 なんで?と思っていたけど、11年暮らしてみて、その根源になっているものが、最近なんとなくわかる。 ...

志らく@shiraku666良い客を持っているか否かは演者がその客を尊敬出来るかどうか。客を動員、つまり金にしか思えないとか、こんな話をやっておけば喜ぶだろうかと見下している時点でその演者は不幸だ。最近は私の独演会は満席になる事が多いが、満席以上に良い客が来てくれる ...

最近、近所(高知県れいほく土佐町)にできた、コワーキングスペース・コスタディスペースの”あこ”。NYから移住してきた教育研究者・瀬戸昌宣さんや鈴木大裕さん、海士町からやってきたICTを活用した教育ビジネスのスペシャリスト大辻雄介さん、慶應大学を卒業して土佐町に ...

「夏休みに、やり残したことはない?」息子に聞くと 「ピザ生地を作るところから、つくりたい」という。 そんなわけで、朝から粉を混ぜて作ることに。 粉、塩、イースト、お水、少しだけオリーブオイル。 ぐるぐる混ぜたら、次はこねる。 わたしは大学の時に陶芸専攻だっ ...

れいほく合宿2泊3日が終了した。笹の家や、NPO SOMAのせとさん、大辻さん。いはらけいこさん。わたし、夫、アーティストのしょうちゃん。カフェやパンやさん。 様々な人たちの暮らしや仕事にふれ、一緒に時間を過ごしてみなさんの感じたことをシェアした。 そのなかでは ...

移住の決め手は人 友人Aさんは、 「いざという時頼れる ケイコさん家があることが移住の決め手だったよ」 なんて言ってくれるけれど、 うちだけに限らず 「〇〇さんちがあったから」 「Bさんがいたから」と、 誰かの存在が 移住の決め手になっている場合も多い。 ...

れいほく、大豊町にある廃校の宿「緑の時計台」で。毎年同じ場所で同じようにお花見をする。だけど、毎年あたらしい顔が加わる。あたらしい場所からやってきたひとたち。ここに住み始めて11年目。最初は若いひとが少なく、寂しくてしくしく泣いていたのにもはや把握してい ...

とぷとぷとぷ・・・ 生温いお湯が、冷え切った体をあっためてくれる。 風邪を引きそうだったけど、大丈夫そうだ。  こないだ四国女子会で講演に招かれた時、 秘境の温泉に宿泊させてもらった。 他に招かれた講師の方とも宿が一緒で、 温泉に入ったり、 眠る前に浴衣でお ...

5年前に神奈川から土佐町に移住され、大切な友達で、ママ友でもある鳥山さん。彼女は親身になって人に寄り添う、移住相談員のお仕事をされています。そんな彼女が言っていた言葉。移住希望の方とお話させていただくとき、いつもお伝えすることがあります。それは、移住を決 ...

↑このページのトップヘ