今日はバレンタインですね。




チョコもいいけど、わたしからは詩を。




「詩ってなんだろう」(筑摩書房)という

谷川俊太郎さんの本のなかには

様々な詩人の詩がのっています。





詩を読んでいると、いつも

「ことばの絵の具で絵をかくのが詩人なんだなあ」

と感じるのですが、この本から、ひとつ。








「生きる先々」山之口獏




僕には是非とも詩が要るのだ


かなしくなっても詩が要るし


さびしいときなど詩がないと


よけいにさびしくなるばかりだ


僕はいつでも詩が要るのだ


ひもじいときにも詩を書いたし


結婚したかったあのときにも


結婚したいという詩があった


結婚してからもいくつかの結婚に関する詩が出来た


おもえばこれも詩人の生活だ


ぼくの生きる先々には


詩の要るようなことばっかりで


女房までがそこにいて


すっかり詩の味おぼえたのか


このごろ酸っぱいものなどをこのんでたべたりして


僕にひとつの詩をねだるのだ


子供が出来たらまたひとつ


子供の出来た詩をひとつ


 




この詩に対して、この本の中で

谷川さんが付け添えている文章はこちら。






しじんは、詩をかいておかねをかせぐけれど、

おかねのために、詩をかくのではない。



かきたいから、かかずにいられないから、詩をかくんだ。



詩をかきたいきもち、詩をよみたいきもちは、

こころのいちばんふかいところから、わいてくる。

 





わたしは、時々この文章を読んで、

原点に立ち戻ったきもちになるんです。





あらゆる表現が、創造が、

こういうところから、生まれていると思う。





ただ、それは社会の中で隠れてしまいやすいし

いろんな状況にまみれて、

忘れてしまうこともあるから、




ひっそり、でも確かに、

自分の体の奥に持っておく場所が必要で。







あなたは、どう感じましたか?






すてきな夜を。

 




詩ってなんだろう (ちくま文庫)
谷川 俊太郎
筑摩書房
2007-05-01






■ヒビノケイコ4コマ新聞のFacebookページやツイッターでは、ブログ記事で書いていない情報も発信中!
はじめての方で「いいね!」と思っていただけましたら、一押しお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加









IMG_0006


続々登録ありがとうございます。
ヒビノケイコメルマガのご案内


アートや表現を取り入れたライフデザインを通して、個人の才能を開花させ、カラフルで多様性ある地域・社会を作りたい。そのためにわたしが開く、全国での生講座やイベントの優先情報。メルマガだけでお話しする記事や動画を、お手紙のようにお届けします。
 
ご興味のある方は、今すぐこちらをクリック→ メルマガ登録はこちら




◾️講座のご依頼はこちらまでご連絡ください→hibinojimukyoku@gmail.com





◾️オーナーをしている自然派菓子工房「ぽっちり堂」山の素材で手作りした優しいお菓子ギフト・内祝いを全国通販。
 

◾️執筆講座のご依頼はこちらまで→hibinojimukyoku@gmail.com



◾️「更新」ヒビノケイコのプロフィール・お仕事 





◾️2刷目再発売、よく売れてます。都会から山奥へ、30代移住9年目。田舎暮らし、起業、子育て、地域のお付き合い。楽しさも悩みも、すべてつめこんだエッセイ漫画。






◾️「ヒビノケイコが最近読んだ本10冊」
◾️「ヒビノケイコが愛用するキッチン道具Best10」日本の老舗の逸品~最近のヒットまで


◾️自然派菓子工房オーナーとしてオススメする「質の良いお菓子材料・サイトまとめ」



◾️私がオーナーをしている自然派菓子工房「ぽっちり堂」山の素材で手作りした優しいお菓子ギフト・内祝いを全国通販してます。