母の誕生日に、父が贈った花束。70超えてもすてきなふたり。



ヒビノケイコです。

 
最近はパートナーシップのお話しをしていますが、 

私自身、うまくいったことも
うまくいかなかったことも沢山あります。


付き合ってきた人にしろ、夫にしろ、
ごめんねってこともあるし、感謝もあります。



人の人生って一筋縄ではいかなくて、 

進もうとすれば引き戻される・・・

そんな反作用も働きます。




これ、個人だけでなくパートナーごと

起こることでもあるんです。



 

今日は、パートナーごと成長するための

秘訣についてお話ししようと思います。




では最初に、えみこさんからメルマガに

いただいたメッセージをご紹介。





ケイコさん



いつも本当に興味深いテーマに

切り込み、ありがとうございます!

今回も、そうそう!と

頷きながら拝読させていただきました。



育休中のこの1年、

結婚してから初めてこんなに長く

主人と一緒の時間を過ごしたと思います。



上2人が少し手が離れ、

乳児には3人目ともなれば手がかからないので、

(子育てに慣れているから)

初めてじっくり夫婦について2人で考える時間を

持てました。



自立した関係でありながら、

互いに愛し合いたい

難しいテーマであり、

永遠の課題でありますが、

そこに向けて本当に

前向きによく取り組みました。




今まで、あまりに日常が忙しくて、

主人がいることがあまりに当たり前過ぎて、

夫婦だし、家族だし、当たり前だと感じ過ぎて



いつしか関係が

自立ではなく、

依存に傾いていたことにハタと気がつき、



それも愛だと勘違いしていたことに

ようやく気がつき、



そこから自立に向けてひたすら

向き合い続けました。




今、1番意識しているのは

怒りのコントロールです。




他人ならイライラしないことでも、

主人にはイライラしてしまうこと。




その根底に依存があり、

支配欲があったことを

痛感しています。




また、自立したからといって、

お互い好きなようにどうぞ 

というのもこれまた

そっけないものです。




自立した上で、

今まで以上に愛し合いたい。




そんな内面の問題に、

めんどくさがらずに

夫婦で取り組めたこの1年は、

対外的には停滞の年でしたが、

私達夫婦にとっての

人生の中でとても重要で

絆を強めた年になりました。



まだまだ、継続中のテーマですが、

主人の変化も明らかに見えるようになってきて

ますます主人が好きになってきたので

良い傾向かなと今後に期待しています☆




結婚して10年、きっと、

一度夫婦関係にテコ入れしないと

いけない時期なのでしょう。




ここで向き合ってテコ入れするか、

放置して同居人仮面夫婦のようになるか、、、



私は、母から常々

男の人は優しいのは最初だけよ



といわれ続け、

今は父の愚痴ばかり聞かされています。




ああはなりたくない

とゆうのが、良くも悪くも

原動力になっているのでしょう笑。



今後のメルマガも期待しています。

いつもありがとうございます



成長には痛みが伴う





ありがとうございます。

めんどくさがらず

勇気を持って向き合えたこと、

すごいですね〜。



旦那さんも、真剣に

取り組んでくださったこと、

すてきです。



よくある話で、男性から、



「あれ!?

今まで、あんなに尽くしてくれていたのに・・

文句言ったことなんてなかったのに・・・

なんで急にそんなこと言うの?

なんでいきなり別れようなんていうの? 」



と、聞くことがあるんです。



でもそういう話って、

パートナーさんに話を聞くと、



「今までふだんから

 何回も言ってきたけど、

彼はそれを気にとめていなかっただけ」

 

 ってことが多いです。



失って大事だったと気がつくくらいなら、

日頃から向き合う勇気と手間を持つ。



忘れがちですが、これは男女、お互いに

大切なことだなあって思います。




ちなみにこれができない人は、

仕事上でも、特に女性スタッフと

いい関係性を紡げていないことが多いです。




反対に言えば、その姿勢を持つと、

仕事も改善されるということ。



・・・



人が自立に向かって変化するときって、

必ずしもパートナーにとって、

心地の良い状況だけではないから難しいんです。




自立や成長のための変化プロセスには

パートナーにも反作用が働きます。




変化したいのに変わりたくない!

成長したらいいねと言いながらしないで!

今までのやり方に固執し、

過去に戻りたがる・・・

そんな、引き戻し。




だからこそ、ふたりとも意識して、

越えていくことが必要になるのです。




不都合な変化




例えば今まで、


 「おとなしく人の言う事を聞くだけだった妻が、

 意見をいうようになる」



「今まで人に合わせるばかりだったのに、

 自分から企画や仕事をはじめた」



「自分が仕事をしているから

お金は足りているのに、

わたしももっと働きたい!と妻が言う」



「学びに行きたいという」



「だから、もうちょっと

家事や子育ても手伝ってくれない?と言う」



そうなると、今まで、



自分に合わせてくれてるのが心地よかったり、

口答えしないのが心地よかったり、



自分についてきてくれるのが心地よかったり、

子育てや家事も任せられて楽だったのが、




「自分も変化する必要がある」

「協力する、動く」

要素が出てくるので、めんどくさい。




しんどいものなんです。

自分が上に立っている状態でもいられなくなる。





だから、このプロセスで

相手のしたいことを

やめさせようとする人もいます。





でも、相手は今までとても我慢したり

合わせていたのかもしれませんよね。




パートナーシップって、

発展的なものを作ろうとすれば、

やっぱり気持ちも手間もかかるもの。




自分も協力したり、分担したり、歩み寄って、

相手のことも自分と同じように尊重できるか。




心から向き合う勇気を持ち、

変化するときの痛みもふくめて、

乗り越えられるかどうか。




これが、

一方の都合に合わせてライフキャリアを運営し、

やがて共依存になる

or心の離れた関係になるか、




それとも、

お互いに協力しあって成長できる、

理解し合おうとできる、

パートナーになるかどうかの違いになります。




自分の自立のきっかけにもなる




相手が自立していくときって、ほんとうは、

自分自身の自立のきっかけにもできる。




寄りかかり過ぎていたら、

バランスを自分で立つほうに。



寄りかかられ過ぎていたら、

相手がもう少し、引き受けるほうに。




結局、人は自分の人生しか背負えません。




パートナーや家族とは、

普通の人より深く関われるかもしれませんが、



本質的には、ひとりとひとり別人格の、

自立した大人です。



それを認めた上で、
できるところは
協力し合っていく。




もし、バランスが一方に偏ったり、

崩れている状態を続けていると、

その代償は何かしらあとで

(熟年離婚、家庭崩壊、病気、不幸など)

払わなければなります。




新しいフェーズ





変化していくとき、

最初は慣れなくて、

居心地が悪いかもしれません。




自立していくプロセスには

いやなことも、

喧嘩する事もあるでしょう。




でも、それを乗り越えて

より良い関係を作れば、

もたれかかるよりも

建設的なことに、

お互い力を使えるようになる。




結果として、



生き生きした状態で日常を過ごせたり、

忙しくても心の余裕を持って子育てできたり、

絆も深まったり、

協力できる場面も増えたり。




人や社会にそれぞれが役立て、

キャリアアップして収入も総合的に上がったり。



どちらかが病気や事故になったときにも、

もう一方が助ける力を持てたり。



めんどくさいけど、歩み寄りをすることで、

そんなことも、起こるかもしれませんよ。




さいごに





ひとりだけの人生の展開よりも

もうひとつの人生の

ドラマをみせてもらえることは、

一つのメリット。




パートナーシップを

新しいフェーズで作っていく。




誰もみせてくれなかったかたちを、

自分たちから、作っていく。




それが、今までの時代の

男女観、家族観を

乗り越えていくことに

なるのかもしれません。





◾️今日の質問



パートナーと良い関係をつくるために

どんな工夫をしていますか?


IMG_0006


続々登録ありがとうございます。
ヒビノケイコメルマガのご案内


アートや表現を取り入れたライフデザインを通して、個人の才能を開花させ、カラフルで多様性ある地域・社会を作りたい。そのためにわたしが開く、全国での生講座やイベントの優先情報。メルマガだけでお話しする記事や動画を、お手紙のようにお届けします。
 

ご興味のある方は、今すぐこちらをクリック→ メルマガ登録はこちら



■ヒビノケイコ4コマ新聞のFacebookページやツイッターでは、ブログ記事で書いていない情報も発信中!
はじめての方で「いいね!」と思っていただけましたら、一押しお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加









◾️オーナーをしている自然派菓子工房「ぽっちり堂」山の素材で手作りした優しいお菓子ギフト・内祝いを全国通販。
 

◾️執筆講座のご依頼はこちらまで→hibinojimukyoku@gmail.com



◾️「更新」ヒビノケイコのプロフィール・お仕事 





◾️2刷目再発売、よく売れてます。都会から山奥へ、30代移住9年目。田舎暮らし、起業、子育て、地域のお付き合い。楽しさも悩みも、すべてつめこんだエッセイ漫画。






◾️「ヒビノケイコが最近読んだ本10冊」
◾️「ヒビノケイコが愛用するキッチン道具Best10」日本の老舗の逸品~最近のヒットまで


◾️自然派菓子工房オーナーとしてオススメする「質の良いお菓子材料・サイトまとめ」



◾️私がオーナーをしている自然派菓子工房「ぽっちり堂」山の素材で手作りした優しいお菓子ギフト・内祝いを全国通販してます。