IMG_0891


ヒビノケイコです。

京都での講座の前日。



ぽっちり舎の卒業時期となった

メンバーさんと

現代懐石のお店でごはんを食べながら

この1年の変化をふりかえりをしていました。


・・・


結局、自分の正解は、

自分でしか導き出せないんだって

わかったんです」

 

情報の取り入れ方、

自分のペースのつかみ方、

仕事への姿勢、



自分の好きなものや大切なものを

発見し暮らしに取り入れていくこと・・・



1年前とは大きく変化した彼女にとって、

この一年は



いろんな学びにぶつかりながら

実際の仕事や暮らしとぶつかりながら、



自分自身を知り、

社会との関わり方を変える

プロセスだったのだと思う。



いまは、一歩一歩、

力強く自分の足で土を踏みしめている。

そんな感じがする。



「卒業おめでとう」



・・・・



「教える」「育てる」ということは

わたしにとっても、とてつもない学び。



「仕事だから」と思って
プロ意識を持つことは大事だけれど



お金をもらうから

みかえりが必要だから

評価がほしいから



というところに
はまってしまわないように

気をつけている。



そこに執着してるとうまくいかない。

「結局このひとはそれか・・・」と見透かされる。

自分も自分で追い詰めていってしまう。



それよりも、

目の前にいるひとに心から接しているか、

みかえりを求めないで接しているか。



これをいつも心にとめて接していきたい。



・・・



あと、
 

「結果を出してくれないと

自分の評価が危うい、困る。」



これも、多くのひとが陥りやすい思考。



そう思って焦ることは誰のためか?

というと自分のため。



そのあせりは無意識で伝わり

相手もあせる。

結局いい結果は出ない。




だからそこは手放して


「その人の人生がひとつでもよくなるように」

と思って接するほうがうまくいくし、結果もでる。




そしてその結果は、

相手がちゃんと

自分で歩んで出した結果であり、

廃れることのない確かな実力になる。




・・・



ひとは解決策やスマートな答えばかりを

期待してるのではないのだなあ、と思う。



困っているとき

一緒に考えてくれた、悩んでくれた。



いいときも悪いときも

伴走してくれた。



あのとき一言かけてくれた。



答えは出なくても、

感じていること考えていることを

共有することができた。




そこに、信頼を覚える。



・・・



信頼の上に

ビジョンや思い、

新しい視点、方法、解決策

長い目で心から見守っていること



そういうものが重なったとき

ひとは自ら歩んで、成長していく。



時間とともに

自分の本質により近付き、

生きることができるようになっていく。




■さいごに



誰とも違う

自分自身のこたえが

「ぽっちり」な生き方。




これをずっと、

学ばせてもらっている。




「わたしも、勉強になりました。

ほんとうに、ありがとう」



自分自身の、よい人生を。



◾️ヒビノケイコの講座で一緒に学びたい方はこちらにご登録を。自分にフィットした暮らしと仕事をデザインする。表現・仕事・女性の生き方、ライフスタイルなどをテーマにした講座のご案内。限定動画や記事をお届けしています。→→image


◾️ヒビノケイコのプロフィール・執筆&講演履歴と依頼はこちら



■ヒビノケイコ4コマ新聞のFacebookページやツイッターでは、ブログ記事で書いていない情報も発信中!
はじめての方で「いいね!」と思っていただけましたら、一押しお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加




◾️2刷目再発売、よく売れてます。都会から山奥へ、30代移住9年目。田舎暮らし、起業、子育て、地域のお付き合い。楽しさも悩みも、すべてつめこんだエッセイ漫画。






◾️「ヒビノケイコが最近読んだ本10冊」
◾️「ヒビノケイコが愛用するキッチン道具Best10」日本の老舗の逸品~最近のヒットまで


◾️自然派菓子工房オーナーとしてオススメする「質の良いお菓子材料・サイトまとめ」



◾️私がオーナーをしている自然派菓子工房「ぽっちり堂」山の素材で手作りした優しいお菓子ギフト・内祝いを全国通販してます。