IMG_0851


誕生日はなにを食べたい?


息子に聞いたら、


「たまご寿司」


「とろとろ天津飯」


「そしてチャーハン!」



と、見事にたまご料理であった。



彼は生粋のたまご好き、

たまご一筋。



そんなわけで、朝食には

ごはんと味噌汁のほか、

必ず一品、たまご料理をオーダーされる。



ある日は、オムレツ。

ある日は、たまごかけごはん。

ある日は、目玉焼き。

ある日は、出し巻き卵。



・・・



きょうは、目玉焼きだった。



ひとつだけの目玉焼きを、

おおきなフライパンで焼くのは

なんとなくしのびないから

金色の銅のたまご焼きパンで、焼く。



ぱかっ・・・じゅ~。

塩こしょう、

ふたをしてすこし待つ。

とろーり、ぷくぷく。

ピンク色の表面、

薄い膜のむこうは半熟かな・・・



いまだ!

お皿に取り出してテーブルにのせる。




息子は、

焼きあがった目玉焼きを

ごはんにのっけて、

たらりとお醤油をひとさじ。


「きょうのは、もうちょっとこしょうがいる」


とかなんとか言いながら、ばくばくと

好物の目玉焼きごはんを食べる。




「将来は、たまご専門店をひらくが。

鳥を飼うところからはじめんと・・・ 」らしい。



・・・



ところで、この「目玉焼きごはん」。

息子にせがまれて作っているのだけど、

そんなメニューあるのか?と思っていた。



・・・なのだけど、

最近息子のお土産にと、

京都の本屋さん恵文社で買った

本、「玉子 ふわふわ」に




「目玉焼きかけご飯」という

東海林さだおさんの文章が載っていた。

ひたすら、目玉焼きかけご飯について、

述べられている。



この本には、36人の作家さんの

たまごにまつわるショートストーリーが掲載されて

いるのだけど、うーん。



たまご愛に溢れている。



たまごって、昔から、それだけなにか、

人が描きたくなる

魅力ある素材なんだろうね。




・・・そして、すごいよね。

こんな毎日の素朴な出来事を、

ここまで文章にできる人たちも。



第1章 本の中、オムレツのにおいは流れる

第2章 伊達巻を食べるのが、この世の楽しみの一つ

第3章 目玉焼きの正しい食べ方

第4章 卵かけごはん、きみだけ。

第5章 落ち込んだときは、卵焼きを。

第6章 卵のふわふわ



ひたすら卵について書かれた文章たちを

目で味わいながら、



モチーフの魅力と

書き手のとらえる目線について

おいしくかみしめた朝。




■きょうの質問




日々の何気ないできごとは、

どんなこともモチーフに。



あなたなら、なにを描きたい?





 

■追伸1 
 

「仕事という表現術」の開催が決定。

場所は京都で7月23日の日曜日に。


自分自身のぽっちりな暮らしを

仕事というツールで表現するにはどうすればいいの?


今回は京都ならではの地理的・アート的な特色を、

創作性を仕事に生かすワークなどに取り入れ、

開催します。


検討用資料の予約は7月12日から開始予定。

ご興味のある方はメルマガにご登録を。

→→→メルマガ登録はこちらから


■ヒビノケイコ4コマ新聞のFacebookページやツイッターでは、ブログ記事で書いていない情報も発信中!
はじめての方で「いいね!」と思っていただけましたら、一押しお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加





◾️2刷目再発売、よく売れてます。都会から山奥へ、30代移住9年目。田舎暮らし、起業、子育て、地域のお付き合い。楽しさも悩みも、すべてつめこんだエッセイ漫画。






◾️「ヒビノケイコが最近読んだ本10冊」
◾️「ヒビノケイコが愛用するキッチン道具Best10」日本の老舗の逸品~最近のヒットまで


◾️自然派菓子工房オーナーとしてオススメする「質の良いお菓子材料・サイトまとめ」



◾️私がオーナーをしている自然派菓子工房「ぽっちり堂」山の素材で手作りした優しいお菓子ギフト・内祝いを全国通販してます。