12日生放送のお知らせ



 仕事という表現講座に資料請求してくださった方限定。


12日(金)20時(予定)から、
ヒビノケイコによるQ&A公開生放送を予定しています。
少しでも講座が気になる人は資料を取り寄せておいてくださいね。 


メルマガ限定で、ご案内差し上げています。
登録はこちらをクリック


05

「仕事という表現講座」以下にひとつでも当てはまったらどうぞ。


 

・自分の仕事をつくりたい。
そのための普遍的な考え方・行動の仕方が知りたい方。



・ギラギラのビジネス書がしっくりこない。
自分のイメー ジにあった仕事のあり方、メソッドを身に付けたい方 



・他店や他商品と似たような感じになり、競合に負けそう。

誰かとの比較ではなく「ここだから」「この人だから」と
言われる仕事(お店、場、講座)をつくりたい方



・地方在住であっても、女性でも、
子育てしていても、小さな自分の仕事を作りたい方 




・手作りお菓子やハンドメイドなどの商品。
講座やサロン、コーチングなどのサービスを、
自分らしく仕事化するヒントが知りたい方




・本やセミナーで学んだことを、日常でどう活かすコツを知りたい方



・生き方とつながった仕事のあり方を、リアルで感じたい方 



・いまの仕事が10倍充実感持ってできるようになるコツを知りたい方




・サラリーマンをしながらでも、
「あの人にお願いしたい」と指名される人材になりたい方




・文章講座や編集講座など、これまでのぽっちり舎講座で
学んだことの実践編として参加したい方




・壁にぶち当たった時
「誰に聞いたらいいか、何を勉強したらいいか」がわからない方




・自分にフィットした仕事をつくるための3要素が知りたい方




・これからの時代仕事で重要なコミュニティ作り、
リーダーの仕事の本質を知りたい方




・人がわざわざ集まり、
マスメディアがあちらから
取材にきてくれるポイントを知りたい方


前回行った「仕事という表現講座」のご感想




ケイコさん、おはようございます。神代です。


先日の講座では大変お世話になりました。

ワクワクと気づきが止まらない素敵な時間をありがとうございます!


昨日メールで頂いたメッセージも、とても嬉しかったです。


私の中では今回の講座に参加したことは

その旅の過程も含めてとても大きな発見の連続でした。


講座の中で行ったワークで

「私ってこんなことがしたかったんだ!」と

心の底に眠っていた想いに気づいて驚いたり


旅の途中や講座で出会った方たちとお話させて頂く中で

「自分はずっと人見知りだと思っていたけど、

 実は全然そうじゃなくて、人が大好きなのかも」

と思えたり。


いつもと違う視点から物事を見てみるだけで

こんなにも新しい発見があるのかと驚くと同時に


もっと自分の中にあるリソースを見つめて

最大限生かすことで、人の役に立てる働き方がしたいなぁと

思うようになりました。



けいこさんの講座で学んだことが真に生かせるのは

ワークを繰り返し行いつつ、

自分自身の中にある核を

掘り下げることが出来てからだと思うので

それにはまだしばらくの時間がかかりそうです。



ですが、他の人で替えがきいてしまうようなものではなく

「この人だからこそ」と言われるための

本質的なあり方を体現する道筋を教えて頂けたことは

私にとって何よりの収穫でした。



これからは「学びつつ実践する」というサイクルを

絶えず回していこうと決めました。


そして焦らず、コツコツと、

そのプロセス自体を楽しみながら

自分らしいぽっちりな生き方、

仕事を作っていきたいと思います。



ケイコさん、本当にありがとうございました。

また、会いに行きます!




福岡 神代さんより



今回の講座を受講し、

「わざわざ自分に」仕事を依頼していただくことのイメージや、

夫婦の役割について、実現した状態をイメージできるヒントをいただきました。


今週は講座の復習をしながら、仕事仲間に学んだことをシェアし、

自分の理解度を確認していることろです。


現状はまだまだ咀嚼&疑問点の発見が必要な状態ですが、

コツコツとチャレンジしてみようと思います。




妻にもメッセージ伝えますね。ありがとうございました。

今度は夫婦でお会いしたいと思います!


今後ともよろしくお願いいたします。



北海道 高橋さんより

ヒビノケイコさま


 

10日の講座に参加した岡島です。

 

とても有意義な学びの時間を

心よりありがとうございました。

 

今の、山奥の田舎にイチから

道の駅をつくっていくという仕事にも

通じる内容でしたので

早速仕事仲間にもシェアしました。

 

(理念や世界観をビジュアルに

落とし込んで伝えることや創作の順番の話など)

 

 

以下、感想です。

 

講座前半のわたしの頭の中は

穴のあいたお気に入りのセーターをほどいて

そのままになっていたもつれた毛糸を

また丁寧にほぐしていく作業のようでした。

 

ケイコさんのお話やみなさんとのワークの時間は

その思い入れのある毛糸に蒸気をあてて

息を吹き返していくような感覚。

 

これから先は、

できることから少しずつ実践を重ねて

毛糸を新たなかたちにしていく。

 

それはもうワクワクした気持ちで

いっぱいになりました。

 

 

新たなステージではみずから仕事をつくりたい

今のわたしであればなにかできるはず、

でもたくさんあって漠然としすぎてわからない

少しずつクリアにしていきたい

 

そう思っていた矢先で、

今回の講座案内を受け取りました。

 

1ページ1ページ案内文を読み進めているうちに

今のわたしが教わりたい要素が全部つまっており

最後のページにたどり着いたときには

申し込みの意志がかたまっていました。

 

ひとは必要なタイミングで学べるものなのだなと

ふわふわした衝動を楽しみながら

当日を迎えました。

 

講座を終えた後のわたしは、

未来への意欲でいっぱいです。

 

 

自分の軸と世界観をもつことが重要

というのがとても印象的で

帰りの新幹線で、ウルグアイの

ムヒカ元大統領を取材した本を読みました。

 

「自分が生きたい社会を、自分たちの手でつくっていく」

 

ケイコさんから学んだことと

ムヒカ元大統領のメッセージがまったく同じということ。


おふたりとも生き方に体現しておられること。

 

体中にずっと雷が走り続けて、涙がとまりませんでした。

 

 

この2日間で覚悟が決まりました。

 

まずは

 

・自分年表を起こすこと

・個人ベースでブログを書くこと

 

をはじめます。

そこで、やりたいことをもう一度洗い出していき

土台を耕していきたいと思います。

 

良きタイミングでケイコさんのお話を聞くことができ

心より感謝しております。

 

また報告いたします。

今後ともどうぞよろしくお願いいたいます。

 

 京都府 岡島さんより


けいこさんこんばんは^^

シュラスコでもういっぱい~!

と思っていたのが、

消化が早い私のおなかは

翌日も朝食ビュッフェを思い切り楽しみました。


夫の地方での仕事と、今回の講座と、

実家の帰省といろいろと詰め込んだ予定も終わり、

今日は車で帰路につきます。


昨日のメルマガ読ませてもらいました。

そこにもあったけれど、、


机に並んだ、けいこさんの

こつこつとつみあげてきたものたち。



表に現れてきているモノはほんの一部で、

ものすごくいろいろな経験と、

膨大な量のアウトプット(表には出していなくても)

があってのケイコさんなんだな、

ということがあの場でひしひしと感じられて、

私も今できることをひとつひとつ積み上げていこうと思いました。



本当に”種をまく”ことと同じだなあとも。



長い時間をかけて積み重ねてきた

貴重なプロセスを見せて頂いてありがとうございました。



今回は、とても抽象的な内容が多く、

講座の最中は正直ついていくのに必死でした。



でもあたらめてノートを読み返して、

自分にまず必要なのは、

体現メッセージをつくること。



だぶん、ここがぼやけている状態なので、

具体的な「しごと」のイメージにも

繋がらないのだなと思いました。



でも、前回の編集講座でのワークからの流れで、

輪郭がちょっとできてきたような気もしています。


「仕事」と考えた時に、

「お客さん」と「お店の人」という関係が

なんだか自分の感覚にしっくりこないなと思っていたのが、

けいこさんが「お客さん」ではなく

長期的に一緒に歩んでいける仲間

という表現をしていて、

そうそう、そいういう感じがいい!と思いました。



それから、

毎回講座で出会う方たちが面白くて、

その出会いが嬉しいです。


自称人見知りなんですが・・・。


ヒビノケイコさんに共感して集まってきている、

変化を楽しんでいる方たちと時間を過ごすこと。

時間は短いのだけど、得るものがたくさんあると感じてます。



まとまりない感想ですが、

今回もエイヤっと参加してよかったです。


ありがとうございました!

では!

ーーーーーーーーーー

すぐに実践すること。

・カフェや好きなデザインなど、ファイルに保存していく

・しごとをつくっていく過程を発信なり、記録すること

・体現メッセージを作る



高知県 池田さんより

 





辻です。


先日講座に参加させていただき、ありがとうございました。

大変刺激になり、勇気付けられたこと、

ここにお伝えいたします。


(中略)


【講座の所感】


一番印象に残ったことのみを書きます。


それは、ヒビノケイコさんが懇親会にて

参加者全員と話をするために

タイミングを見て席を移動していたことです。


完全に意識的だと思いますが、

あくまで自然な流れの中で行っているように感じられ、

素晴らしいと感じました。


これは元々は人柄に由来するものだけれど、

それだけではないんだなと。


つまり、こうありたいと願う世界を

自覚し自立的行動につなげなければ、

体現できないことだと思います。


まさに懇親会世界の体現を

行動により表現していたのですね笑


その象徴的なシーンであると感じました。


概念(言葉)と実体験が結びついて、

より説得力のあるイメージになったのはよかったです。





辻さんより


ヒビノケイコさん


先日は講座ありがとうございました。


「表現」という捉え方が本当にしっくりきて、

生きることは表現すること!

という感覚で全身わくわくしっぱなしです。



今週さっそくワークをして(だんなさんも一緒に巻き込んで♪)、

まずは自分の理想・できることを出し始めました。


自分の内面にあるものを見つめ

家族の想いを知るとてもよい時間になっています。


まだ30枚ほどなので先は長いですが、

1000枚×3が出せるまで続けてみます。


ふくいさんより

 


追伸1)次回は2017年5月21日東京で開催。



S_5704544611029

5月21日は東京で「ぽっちり舎 仕事という表現術」講座を行います。


*自分と世の中をつなぐ方法

*暮らしの中から仕事をつくっていく方法

*翻訳家になるための3つのひみつ



に興味があれば、メルマガにご登録ください。

登録はこちらをクリック



仕事という表現講座は、

「ヒビノケイコのつくりかた」とも言える

表現講座の総決算です。



11年前なぜ、なにもないところから

自然派菓子工房・山カフェ「ぽっちり堂」を開店し、

多くのメディアに取り上げられる程のお店にできたのか?



なぜ、イラストやマンガなど、

感覚的な表現手段しかできなかったわたしが

届けたい人に届く「文章」も書けるようになったのか?



なぜ、惜しまれながらもぽっちり堂のカフェ部門を閉じ、

執筆活動やぽっちり舎という講座運営、講師活動を

するようになったのか?



文章表現や編集術を学ぶだけだと

「どのように使えばいいのか?」に偏ってしまい、

肝心のコレに気づくことができません。



本講座では文章表現や編集術を使いつつも、

わたしが「暮らしと仕事」をどう結びつけてきたか?



その変遷とポイントをお伝えし、

講座に参加するみなさんが

現実の中でぽっちりな人生をつくっていける

きっかけを、提供できればと思います。



募集は5月2日からメルマガ内限定で
開始いたしますので、
ご興味のある方は、
こちらをクリックしご登録ください

image


◾️ヒビノケイコのプロフィール・執筆&講演履歴と依頼はこちら



■ヒビノケイコ4コマ新聞のFacebookページやツイッターでは、ブログ記事で書いていない情報も発信中!
はじめての方で「いいね!」と思っていただけましたら、一押しお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加