image


ヒビノケイコです。



今日は、明日からの沖縄講座のため、フライト。




朝早く高知の家を出て、

高松空港への道すがら、

バスの車窓から外を見ていると



桃色の桜や梅?かな・・と、

黄色い菜の花が畑に咲いていて、

空気がまったり。



ほわほわ~っとした

春の景色を感じました。




ふふふ。いいな~と思いつつ、

「ああ、沖縄に行ったら全く違う

鮮やかな色彩が見えるんだろうなあ」

とも。 





さてさて、

Mさまより、「届けたい人に届ける文章術」

4月15日の大阪講座への申し込み

メッセージをいただきました^^



ちょっとだけ、ご紹介。




いつもメルマガを楽しみに読ませていただいています。




ヒビノさんのことばの中には

「いま私が欲しかったことば!」と

思うようなものが多く、




「私に向けて書かれているのでは?」と思うくらい、

いつもハッとさせられ、でもじんわり心にしみて、

顔を上げて歩みだせるような、そんな存在です。




なので「届けたい人に届ける文章表現講座」には

ぜひ参加してみたくて、

今回は思い切って参加することにしました。




実は私事ですが、ちょうど4月に入籍予定で

バタバタしているのですが、

パートナーと家族となり、



これから仕事や遊びを含めた暮らしを

一緒につくっていくというスタートのときだからこそ、




ヒビノさんや同じように

ヒビノさんのまわりに集まる

皆さんとお会いしたいなという思いも、

いまのタイミングでの講座への

参加を後押ししてくれました。




自分らしい暮らしをつくる

暮らしを表現していく



思いを共感できる仲間との

コミュニティをつくりたい



家族や地域ともよりよい関係性の中で

上記のことを実践したい



これらのことを自分で考えて、

つくっていくヒントを得られたらいいなと思っています。


  

(中略) 



現在「あなたと仕事がしたい」と言ってくれる方がいて、

一緒にメディアや暮らしを作っていこうとしているところなので、

ぜひこのタイミングで学びたいと思いました。





みなさんにお会いできることを楽しみにしています。

よろしくお願いいたします!



Mさん、ありがとうございます^^



「いま私が欲しかったことば!」

「私に向けて書かれているのでは?」



と言ってもらえるたびに、

心がじわーっとあたたかくなります。



なにより、

顔を上げて踏みだせるきっかけに

なっているなら嬉しいです^^




そして、いまパートナーさんと

新たな暮らしを始められるタイミングなんですね。




わたしは、結婚して11年目、

高知の山奥に移住して10年目、

子育ては8年目になります。



そんななかで、



「仕事だけとって、暮らしを捨てる」

「反対に、暮らしだけとって、仕事を捨てる」



そういうことにならないように・・・

と思ってきました。



また、 

「外見は女性だけど、中身は100%男!」


な自分にならないように

自分のあり方・働き方を探ってきました(笑)



あとは、


「田舎暮らしも好きだけど、

都会やいろんな地域にも行きたい」


という思いも、捨てずにやってきました。



まだまだ、
そのバランスは高めていきたいなあと
思っている途上ですが、年々、
良くなってきているように感じます。


 

世間でも、そう思ってらっしゃる方は

多いと思うんですが、

実際バランスが取れた人って少ない。




難しいのはなんで?というと・・・




基本、なんとなくふわ~っと

「そういうのがいいなあ」と生きてて、

この両立ができることって、ないんですよね。




忙しい毎日のなかで、



やれ、子供が・・・

やれ、仕事が・・・

やれ、地域の活動が・・・



と、目の前のことがいっぱいやってきますもん。



あれやこれやと対応しているうちに

どうしても自分以外の

環境に振り回されてしまいます。



そうしているうちに、自分を見失ったり、

女性性(もしくは男性性)を失ったり、

人や環境、どれかを切り捨ててしまうことになる。




ここが、壁なんですよね~。





わたしが今までなんとかかんとか、
バランスをとってきた背景を振り返ってみると、

ひたすら、そのために

自分の「こうありたいイメージ」を体現している人の

そばにいるようにしていましたね。




絵の先生、

茶道の先生、

ビジネスの先生、

いろんな方々がいますが・・・




彼女たちは、「妻や母や、社会人」


そういった役割だけに溺れずに、

結婚しても、子育てしていても、

自分を保ち、成長していました。




柔らかさと芯の強さという、

女性の統合性を働き方に生かしながら、

暮らし、家族、周りの人を、大切にしていました。



わたしは、昨年自分の会社「日々」を株式会社化したときに
「 おばあちゃんになっても、
楽しく仕事をしていたいです」と、挨拶に書きました。
 


それは、実際に80歳を超えても、
チャーミングな女性経営者の方が身近にいて

リアルに、「実際、こういう風に生きられるんだなあ」

というイメージを持つことができているから。



そういった
実践者たちの姿もふくめて学びを得ながら、

自分の生活において、ステップを踏んでいくこと。




今まで大変でぶれそうになった時も、

杭を打つように、学びの時間を持つことで
守られてきたような気がします。




環境に振り回されないで自分のありたい姿でいるには




そう。 


つまり、Mさんが




”ヒビノさんや同じように

ヒビノさんのまわりに集まる

皆さんとお会いしたいなという思いも、

いまのタイミングでの講座への

参加を後押ししてくれました。”

 



とおっしゃる通り、

女性が環境に振り回されないで

自分のありたい姿でいるためには、



どんな人と一緒にいるかが大事。

自分のための「環境のデザイン」を施してあげること。




そうやって、

自分がいいなと思える人が集うコミュニティに、

自分を置いてあげていると・・・



最初は受け身だった人でも、

知らない間に考え方や行動が

どんどん主体的に、

たくましく変わっていくんですよね。



あと、
内面と外見ってつながっているのか、

表情や身なりが明るくなって、

ぐんぐんきれいにもなります^^

(女性の場合は、きれいになっている時は

成長している時ですね)




強くて、美しくて、柔らかい女性。

流されないで、自分の芯がある女性。




みんなそれぞれ個性のある人生を歩んでいるけれど、

何かを切り捨ててしまわないで、大切にしている人。



その奥に、自分で選んで生きている強さを持っている人は、

とても魅力的だなあと思います。




仕事と暮らし、

自分と周りを大切にできる未来を、

ぜひ描いていきましょう。




ということで、今日はこのへんで。




今日の質問




生き方がブレないように

杭を打ちに行く時間、持っていますか?

 

■追伸1

 

「届けたい人に届ける文章表現講座」

大阪での追加開催(4月15日)も決定しています。


3月の沖縄講座には、
日時や場所の問題で来れなかった人たちから

たくさん要望もらっていたので。


大阪講座の案内がほしいという方は

こちらからメルマガにご登録ください→

image




◾️ヒビノケイコのプロフィール・執筆&講演履歴と依頼はこちら



■ヒビノケイコ4コマ新聞のFacebookページやツイッターでは、ブログ記事で書いていない情報も発信中!
はじめての方で「いいね!」と思っていただけましたら、一押しお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加





◾️2刷目再発売、よく売れてます。都会から山奥へ、30代移住9年目。田舎暮らし、起業、子育て、地域のお付き合い。楽しさも悩みも、すべてつめこんだエッセイ漫画。






◾️「ヒビノケイコが最近読んだ本10冊」
◾️「ヒビノケイコが愛用するキッチン道具Best10」日本の老舗の逸品~最近のヒットまで


◾️自然派菓子工房オーナーとしてオススメする「質の良いお菓子材料・サイトまとめ」



◾️私がオーナーをしている自然派菓子工房「ぽっちり堂」山の素材で手作りした優しいお菓子ギフト・内祝いを全国通販してます。