29


→詳細はこちらをクリック


うちの夫、もの好きなんですよね〜。


夫の川村幸司が、こんなクラウドファンディングをはじめました。夫はふだん、れいほく田舎暮らしネットワークという移住支援NPOの事務局長をしており、移住者の受け入れ窓口としての活動をしています。(れいほく地域の移住者は毎年40組ほど、高知でも有数の移住地に)


なんでそんな人が、泡盛作りに関わってんの?って感じなんですけど(わたしから見ても、常に謎なんですけど)正直言って、今回の企画は、彼の「人」好き、「なんとかしたい」好き、「謎」の情熱からできあがってきた企画ですw


まあ、「なんかわからんけど面白いからやってみる」「大事やと思うから、なんとかしたいからやってみる」ってことで、地域作りや仕事作りをしてきて、それが何かしら実を結んでいるので、彼の「謎」な情熱は、応援したいところだなあと。
 

19

「土佐泡盛」の瓶バージョン↑については、彼が企画開発の段階からプロデュースで関わりつつ、日本一小さなれいほくの蔵ばうむさんが作り、すでに発売されていて、好評です。


・・・なんですけど、ここでとどまらず、次はアートなワンカップの発売を叶えたい!ということで、資金を集めています。


「楽しそう」「わくわくする」から地域で何かを生み出していきたい、という思いとともに、これからのNPOというのも、補助金ばかりに頼るのではなく、少しでも自分たちでお金を作り出して健全な運営をしていきたい。という思いもあるようです。

IMG_0002

IMG_0012

IMG_0013

(移住支援関連の記事↑移住戦国時代?地方創生による特典合戦への違和感。共に歩む仲間を増やすためにより)

あなたの資金参加によって、この企画が通るかもしれません。


一緒に作ってく感覚を楽しみたい人、バカだな~よしひとつ、面白いしやってみよう!

という方も、ぜひご支援頂けると嬉しいです^^


06
謎の情熱を常に持つ夫↑

ばうむさんは、日本一小さい蔵。

学校をリノベーションして蔵にしています。

体育館の中は、いつ行っても麹の香りがふわ~っと漂っておいしそう。



ばうむさんは、地域の商社的な存在。

地元の木を加工して作っている木レースは全国の百貨店でも扱われる人気商品。


地元名産のお米天空の郷を使った焼酎を2年前に販売しはじめましたが、

こちらはまだまだ売り上げも安定しておらず、

商品開発にかける資本的余裕がないとのこと。
 

22


夫が、そんな活動に協力できたら、と思い、何かできないかな?と関わりはじめたのがきっかけ。もともとあった玄米焼酎の飲み口が、泡盛にどこかにているなあと感じたため、「それなら、全国初の、沖縄以外でのご当地泡盛を作ったら面白いし意義があるんじゃない?」というお話に。


天空の郷というブランド米も、はね米を無駄にすることなく買取って、お酒を作ることで、農家さんの収入の安定化にもつながるそうですよ。ふむふむ。


28

実はこの杜氏の広瀬さん、もともと京都でソムリエをしていた方なんですが、れいほく地方が気に入り、ご家族で移住してこられ、「ソムリエやってたんやったら、酒つくれるやろ?」みたいなことを言われ(笑)お酒作りにかかわることになりました。


そんな元ソムリエの広瀬さんいわく、「瓶をあけた瞬間、トロピカルフルーツの香りが漂うのが特徴。味わいは、爽やか。泡盛がはじめての方でも飲みやすいです」とのこと。


たしかに〜。ほとんど飲めない下戸のわたしでも、この泡盛は、すっきり爽やか。すーっとして、飲みやすいんですよね。ゴーヤチャンプル食べたくなるし。

飲みなれていない人でも飲みやすいと、好評です。 


19


ということで、まずは、知り合いである、高知大好きな沖縄の有名デザイナー・ペコさんにお願いして、すてきなデザインの瓶を作ってもらい、販売がはじまりました。売れ行きは結構いい感じです!

 
そして、今回のさらなる展開としてはじまったのが、ワンカップの企画。

これは、このクラウドファンディングで、資金が集まれば実現するのですが・・・


 れいほくは人と人が話している時に、「あ!これ面白いそう」と何かが生まれるということが多い地域なんです。


泡盛自体がマニアックな飲み物なので、もっと身近で手に取りやすい形はないかな?と考えた結果、アーティストのしょうたくんが毎日ストイックに描いている作品を、泡盛のワンカップにして売り出せたらかわいいだろうなあ!ということに。


09
しょうちゃんは、謎の湧き上がる情熱をもとに毎日淡々と、絵や陶芸を作り続けている大阪からの移住者。

わたしの家でも、かわいいパンダ柄のワンカップを、飲んだ後もふだん、はぶらしをたてたり、筆立にしたりしてるな~と思って。その後まで使えるおみやげなどにもできれば、いいね!という話に。で、今回しょうたくんがデザインしてくれたのがこのカップ。土佐弁入ってます〜。かわいい!100万円の資金が集まったら、これを商品として完成できるんですって。(ちなみに200万までいけば次には、わたしデザインのものも・・・らしいです)


59



そんなわけで、れいほくの面白い(謎な)人たちと、楽しそう!なんとかしたい!ということからはじまったこの企画。

クラウドファンディングは、3000円の支援(返礼品:ラベルステッカー)からはじまり、6500円以上の支援から。当プロジェクトで作るオリジナル・ワンカップが完成次第、お手元に届くという形になっています。


うーん。わたしとしては、企業さんなどの研修を、すべてオリジナルで組んでくれるプランがおすすめかな。れいほくでしかできない体験はすごく価値を持ってると思いますよ。


詳細、ぜひ見てみてくださいませ。そしてご支援頂けたら嬉しいです^^

プロジェクトの詳細、ご支援はこちらから

⇒ https://faavo.jp/kochi/project/1151


29


追伸)土佐泡盛についてNHKさんが丁寧に取材をしてくれた映像。時間は4分ちょっと。
ご視聴はこちら→NHK「ディスカバー四国」


 10