たまに、こういうときあるよね。
悪口を言ってるときは、何かで傷ついてるか、バランスを見失ってるとき。

15


起こるものごとは、全部が全部、人のせいでもないし、自分のせいでもない。
当然、相手と話し合って解決できるところはするべきだし、建設的な批判はあってよし。
ちょっとくらい聞いてもらえる場所があるのも、大事なこと。


でもね、誰かの問題ばかり考えて、自分自身のあり方から目をそらすのは、やっぱり損。


他人にやたら目が行ってるときは、自分の足元が崩れてるとき。
他人を嫌ってるときは、自分を嫌ってるとき。
大きな声で人にギャーギャー噛みついてるときは、ほんとは自分が怖いとき。
精神的に崩れてるときは、体の調子が崩れてたり、経済の基盤が崩れてるとき。


自分自身に対して許せなかったことにオッケー出せたら、相手も認められたり。
ゆっくり寝たらすっきりして、相手のことはどうでもよくなってたり。
経済を立て直したら、ゆったりものごとを見られるようになったり。


以外とシンプルだったりする。そんな風に、自分の調子をメンテナンスする機会にできると、得が多いよね。



ずーっと、他人のせいにし続けることの弊害は、自分で何かを生み出さなくてもオッケー出せちゃうところ。そのほうが簡単なんだよね。自分は工夫しなくていいし。


誰も完璧な人なんていないし、自分だって完璧じゃない。


「あのとき、ぼくの可能性を信じて任せてくれたから、今こういう仕事ができてるよ。こんな風に生きてるよ」って言ってくれる人がいることがある。


そういうとき、すごく嬉しい。


自分もそうしてもらってきたし、相手にもそうしていける自分でありたい。
自分も相手も大切にするために、相手がどう・・・ではなくて、自分自身がどうできるか?

矢印が外側に向かってるときは、自分に戻しながら。
常に考えて、動いていきたいなあ。


◾️メルマガをはじめます「ぽっちりライフを描こう」 限定動画、記事、講座の案内がほしいかたはこちらにご登録を

◾️ヒビノケイコのプロフィール・執筆&講演履歴と依頼はこちら



■ヒビノケイコ4コマ新聞のFacebookページやツイッターでは、ブログ記事で書いていない情報も発信中!
はじめての方で「いいね!」と思っていただけましたら、一押しお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加








◾️2刷目再発売、よく売れてます。都会から山奥へ、30代移住9年目。田舎暮らし、起業、子育て、地域のお付き合い。楽しさも悩みも、すべてつめこんだエッセイ漫画。











自由になるトレーニング
プラユキ・ナラテボー
Evolving
2016-03-31










◾️「ヒビノケイコが最近読んだ本10冊」
◾️「ヒビノケイコが愛用するキッチン道具Best10」日本の老舗の逸品~最近のヒットまで


◾️自然派菓子工房オーナーとしてオススメする「質の良いお菓子材料・サイトまとめ」