夢をみた。


荒野に、戦士たちの死体がある。

怖いなあ、と思いながら近寄ってみると、それは石膏像で、

歩いていたら草が生えてきた。
大地
には、大きな大きな12階建てのアトリエが建っていた。


アトリエの螺旋階段をめぐっていると

見たこともないような美しい部屋にたどりつく。


そこはだれにも見せたことがない

秘密の絵を描く場所だった。


花があって本があって

かすれた白いキャンバスたちがあって

静かな空間には猫がいた。


他の階にいってみると、

膨大な図書館のような本棚たちがずらーっと並んでいて

あふれた本が床にまでたくさん、箱の中にもたくさんあり

これからどこに整理しようか?と、画家たちが話し合っている。


一階には生徒さんがくる教室のアトリエがあり、

そこにはあじさいとキャンバスが咲いて

みんなが楽しそうにあちこちからやってきていた。


わたしはその入り口にある、イーゼルに乗ったキャンバスに

「どうぞお入りください」と絵と文字を書いた。





はっと目が覚めた時

「あんな美しいアトリエは見たことがない」と思った。 

静かでひたひたした気持ちがわいていた。


その日の昼間にポストをみたら、

偶然にも、画家の友達からお手紙が来ていた。

切手がはっていないから、直接置いていってくれたんだな。



「けいこさん、こうじさんへ」



封筒を開けてみると、そこには熱のある文字が、びっしりと書かれていた。

ざらっとした感触。便箋をさわってみると、しゃべっている彼の言葉が浮き出てくるようで、「ああ、やっぱり手紙っていいな・・・」と思った。


書かれていたのは、悔しかったあの時のこと。
ラグビー見ながらなんとなく泣いてるような日もあったよね。


それでも、挑戦し続けて、挑戦し続けて、誰も恨んでない。

アートに経済を加えて、これからを開こうとしている。


「出店も筋トレやと思ってやってみたら」と夫が言ったのがきっかけで、ここまでやってこれたって。ありがとう、と書かれていた。




 

涙が出てしまったんだけど、彼は、ほんとに素直なんだよね。

どろどろの気持ちがあるときも、それをひとに向けることなく、自分自身のこととして正面からタックルしていく。苦しみと正面から向き合っている。


だから人にも好かれるし、周りの人が応援したくなるんだよ。

かっこ悪くてもかっこよくても、関係なくそこにいる。


わたしたちは、夢みたい。

あの石膏像みたいに、自分のことを、死んでいるのか生きているのかわからない、あやふやな存在だと思う日がある。
理由があるのかないのか、もう一秒もこの空白や孤独に耐えられない、そんな瞬間もある。


けれど、一回壊れたとしても、苦しみと向き合いながら「また描けるんだな」って、彼を見ていて思う。あやふやだからこそ、瞬間瞬間変化し、自由になんでも描ける。


・・・・


すごいなあ、と思って翌日クッキーを持ってアトリエをのぞいた。
「けいこさん、久し振り!よく来てくれたねえ」と迎えてくれたんだけど、そこにはお供え物かのように、みんなから差し入れのお菓子が並んでて、笑ってしまった。



よく考えてみたら、お金があるとかないとか関係なく、

アーティストの友人たちはアトリエを持っている。


なんで?

たぶん、それが人生に必須のものだから。

そして、彼らがいるその空間が、アトリエになるから。



ひとつひとつ色をぬって、重ねて。
色を塗る作業をしているそばで、仕事の話、恋愛の話、地域のこと、とりとめもなく話して。


ふらりとやってきて、気がついたら、夕暮れが差していて「バイバイまたね」と帰ってゆく。


小さな頃からそこに救われ、そこで育ってもらったけれど、今もこうやって、訪ねていけるアトリエがあることは、幸せだ。


・・・


アトリエは家でもない、お店でもない空間。


空白から何かが生まれ、

死んで生まれてを繰り返す場所。


子どもにも、大人にも。


そんなアトリエみたいな心の場所、現実の空間を広げたい。

そしてひとつだけ、自分のための秘密のアトリエも、そっと残しておこう。





◾️メルマガをはじめます「ぽっちりライフを描こう」 限定動画、記事、講座の案内がほしいかたはこちらにご登録を

◾️ヒビノケイコのプロフィール・執筆&講演履歴と依頼はこちら



■ヒビノケイコ4コマ新聞のFacebookページやツイッターでは、ブログ記事で書いていない情報も発信中!
はじめての方で「いいね!」と思っていただけましたら、一押しお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加







◾️2刷目再発売、よく売れてます。都会から山奥へ、30代移住9年目。田舎暮らし、起業、子育て、地域のお付き合い。楽しさも悩みも、すべてつめこんだエッセイ漫画。






◾️「ヒビノケイコが最近読んだ本10冊」
◾️「ヒビノケイコが愛用するキッチン道具Best10」日本の老舗の逸品~最近のヒットまで


◾️自然派菓子工房オーナーとしてオススメする「質の良いお菓子材料・サイトまとめ」



◾️私がオーナーをしている自然派菓子工房「ぽっちり堂」山の素材で手作りした優しいお菓子ギフト・内祝いを全国通販してます。