今週二つの講座を
東京で開催して
思ったこと。


それは、選びどころと、

選ばないところへのバランスだ。


自分の軸を持ちたい、と思いながら

グラグラしている人、

わたしはこう!と思いすぎて、

人とうまくコミュニケーションできない人。


どっちも多いんだなあと思って。
で、考えてみた。 
 


古民家の翌日は表参道のレストランで。
両極なところが、ぽっちりライフらしいなと思った。

多様性は大事だけど




「多様性は大事、自分と全く違う
人だから学ぶところがある。
人それぞれだよね〜」


「出会ったものと触れ合って、
そこで起こる展開から、
人生が出来上がっていく」

とよく言われる。


だけどそれで終わっては微妙・・・

というのも、最近のわたしの感想。


なぜなら、
多様性とか展開という言葉を誤解して

なんとなくふわ~っとし、


「みんなそれぞれだよね~。

わたしもそれぞれ~。

まあいっか、ありのままで・・・
来るものに任せて・・・」


と、流されちゃう人も多いから。


生活においても、

仕事においても大事なことは、


大きな視野を持ちながらも

優先順位を持って

選びたいものを選び

集中してエネルギーをかけること。


そうして初めて、ほしい結果は伴う。


人生に関しても、

大きな視野を持ち

多様性を担保しながら、

自分が生きたい方向にハンドルを切り、

進んで行く。


起こったことに対して

受け入れる幅が大きいだけはなく、

自分が進みたい方向への強い意志がないと、

ぶれてしまう。


その前提として、
「自分がどう生きたいか?」

を作って行くことが必要なのだけど。
 

タイプ別



受け入れ幅が大きい人、柔軟な人は、

自分の方向性に対して

なんとなく中途半端にするんじゃなく、

意志を持ってやりきっていくことが大事。


仕事に関しても、

どんな人と付き合うか?

何に投資していくか?

ということに関しても。


そこは、選ぶ部分としてシビアに

持ってゆくべき部分。



それによって、
芯の通った自分が作られてゆくし、
思った人生をおくれる確率は上がる。 


・・・


だけど、

全部が全部ビシーっと決まりきってると、

変化が起きた時に柔軟に対応できない。


だからあえて「選ばない」という余白も重要。


例えば、
子育てで出会う想定外の出来事、

天変地異、
昔からの友達との関係、

地域で暮らしている
異文化な人たちとの関係など。


そういう時には、

想定外の出来事に対応するだけの

自分の柔軟性が問われる。


異文化な人との間に誤解や

しがらみが生まれた時に、

自分と違うものを受け入れ、
 

新しいものをお互いに

生み出していく力にする・・

という能力が培われる。

思ってもみない展開で
広がってゆくものもある。
 


最後に



流されがちな人は、

もっと選ぶ部分を大きくすること。


選ぶことが全てで余白が一つもない人は、

ちょっとだけ選ばないものを受け入れてみること。


「選ぶ部分と、選ばない部分」


あ、でもあくまで
「選ぼうと思う部分が先にあるから、
選ばない部分が意識的にできる」
ということでもあるね。


自分の今を観察して、

よりよく生きるためには

どうしたらいいか考えてみて。


 


今日の質問



あなたが意思を持って
選びたい方向性は何ですか?


選ばないで展開していきたい部分は、
どこですか?


◾️メルマガをはじめます「ぽっちりライフを描こう」 限定動画、記事、講座の案内がほしいかたはこちらにご登録を

◾️ヒビノケイコのプロフィール・執筆&講演履歴と依頼はこちら



■ヒビノケイコ4コマ新聞のFacebookページやツイッターでは、ブログ記事で書いていない情報も発信中!
はじめての方で「いいね!」と思っていただけましたら、一押しお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加






◾️2刷目再発売、よく売れてます。都会から山奥へ、30代移住9年目。田舎暮らし、起業、子育て、地域のお付き合い。楽しさも悩みも、すべてつめこんだエッセイ漫画。






◾️「ヒビノケイコが最近読んだ本10冊」
◾️「ヒビノケイコが愛用するキッチン道具Best10」日本の老舗の逸品~最近のヒットまで


◾️自然派菓子工房オーナーとしてオススメする「質の良いお菓子材料・サイトまとめ」



◾️私がオーナーをしている自然派菓子工房「ぽっちり堂」山の素材で手作りした優しいお菓子ギフト・内祝いを全国通販してます。