〜お知らせ〜

5月22、23日に京都で開催するぽっちり舎講座の参加者募集中。続々とご案内申し込み頂いてます。ご案内はメルマガ読者限定で入手できます。5月20日までで締め切り。メルマガ登録はこちら→メルマガをはじめます「ぽっちりライフを描こう」 


音楽ユニットのようなメンバー


image


今、運営しているぽっちり舎講座プログラムのお仕事を支えてくださっているスタッフさんが2人いる。

「カバン持ちといってください(笑)」 とおっしゃる小野さんは、わたしがやるべきことに集中できるようにと、わたしが苦手な事務、お金まわり、会場もろもろの手配などを 引き受けてくださっている。(ホントは、カバン持ちなんて呼べないくらいお仕事の実績を出されている方。でも腰が低くて謙虚なのだ)


もうひとりの島田さんは、 アーティスト支援のお仕事をされていて、 本質的な方向性を見定めながら、いつもブレなく、どっしりとそこにいてくれる存在。 基本的に「食えない」と言われている表現者が、この世の中で魅力を発揮しながら仕事を成り立たせていくこと。 それはとても難解だけど、とても大事なことで、島田さんのされていることは、ほんとうにすごいなと思う。


数年前、島田さんがうちに田植えツアーに訪れ、 その後も移住地を探してらっしゃったことがきっかけで、今では一緒にお仕事をさせてもらうまでになった。


お二人とも自分が暮らしたい場所(日本の地方、海外)と都会を往復しながら、お仕事をされていて、2児の良きパパ。紳士的で人柄が良い(でもかなり自由)ところが共通点。 基本的にはみんな離れた場所で暮らしているので、いつもはネットで連絡を取りながら仕事を進め、 講座の日に久しぶりにお会いする。


以前三人で歩いている時、島田さんが「なんかバンドのツアーみたいですね」 とおっしゃったことがあった。そう、音楽のユニットみたいに仕事をするのがわたしの理想。

いつもはバラバラの場所でそれぞれ暮らしていて、 それぞれが音を刻んでいる。それがライブのときに出会って、 重なり合ったメロディーとリズムが生まれる。


選択の上のクリエイティビティ



このお二人のすごいところは、 厳しさも、優しさもある状況を、超フラットに作ってくれているところ。心や感覚な面からも見るけれど、数字や論理からも見る。


ただただ、フラットな地平をそこに差し出されると、いつも感情に偏って決めがちなわたしでも 一度ぐっと冷静になって、どうするべきか決められる。


以前島田さんが 「選択の上でこそ、ほんとうのクリエイティビティは発揮される」と言っていたような気がするのだけど、常に起こることに身を任せすぎてきたわたしは、エネルギーが分散してしまい、ぶれてしまうところもあったと思う。


「選択しなきゃいけない」場面にひとつひとつ 向き合わされるこの仕事。
基本的にのんびりやってきたわたしは、スパルタながら成長させられている。


でもね、毎回、選ぶことは怖い。
だって、逃げ道がなくなるから。
誰も保証してくれるわけじゃないから。
それでも「わたしは、これをする」と決め、そこに力を注ぎ続けることにする。

みんなで、という仕事ほどひとりが問われる


image

「すべてが自分で選んだこと」 というのは甘い言葉に聞こえて、とても厳しい。

これからはこういったユニット的な仕事の仕方が、一般的にも増えていくのかもしれない。でも、誰かと一緒に何かをすると言ったって「みんなでみんなで」みたいなノリでは難しい。結局は、一人一人が自律的にやっていくのが前提になる。その上での音楽だから。

時には能力が追いつかなくて焦ることもあるけれど、常に「今できること」を精一杯するしかない。

毎日は淡々としている。
人前に立つ派手な仕事に見えても、 講師業はかなり地味なことの連続。


だけどそこからしか、 何も生まれてこないんだなあと思う。
だから、今日もひとりで机に向かって作業する。


思っているものをこの世に現し、 創り上げるまでは、苦しい。
けれど、創り上げた時、 それを受け取って喜んでくれ、 少しでも何かが変わる人たちの姿を見る時、 毎回、とても感動する。


だから、毎回、また頑張ろうと思う。
厳しいだけじゃない、優しいだけじゃない人たち。
でも、冷たくはなく、フラットな地平に温かさと情熱を乗せている人たち。


見えないけれど、 そうやって仕事を支えてくれてる人がいて、 成り立っている空間がここにある。


〜お知らせ〜

5月22、23日に京都で開催するぽっちり舎講座の参加者募集中。続々とご案内申し込み頂いてます。ご案内はメルマガ読者限定で入手できます。5月20日までで締め切り。メルマガ登録はこちら→メルマガをはじめます「ぽっちりライフを描こう」 


◾️ヒビノケイコのプロフィール・執筆&講演履歴と依頼はこちら


■ヒビノケイコ4コマ新聞のFacebookページやツイッターでは、ブログ記事で書いていない情報も発信中!
はじめての方で「いいね!」と思っていただけましたら、一押しお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加



 


◾️2刷目再発売、よく売れてます。都会から山奥へ、30代移住9年目。田舎暮らし、起業、子育て、地域のお付き合い。楽しさも悩みも、すべてつめこんだエッセイ漫画。






◾️「ヒビノケイコが最近読んだ本10冊」
◾️「ヒビノケイコが愛用するキッチン道具Best10」日本の老舗の逸品~最近のヒットまで


◾️自然派菓子工房オーナーとしてオススメする「質の良いお菓子材料・サイトまとめ」



◾️私がオーナーをしている自然派菓子工房「ぽっちり堂」山の素材で手作りした優しいお菓子ギフト・内祝いを全国通販してます。