SNSでわかった気になってない?生で会うこと


image

今日は、同じれいほく地域にある宿「みどりの時計台」で、藤のお花見会(一年に一度の大きな交流会)があったので行ってきた。


70人以上集まった人々。わたしは最近、都会と田舎を講座の仕事で行ったり来たりしているので、久しぶりに会うメンバーも多くて、「元気にしてた?」「けいこちゃん、高知でゆっくりしてるの久しぶりやね!今日はいっぱい話そう」なんて声をかけあった。


移住者など、知らないメンツも増えてて嬉しい。1年たつたびに、若い人も子供も増えていって活気が出てる。


いろいろな人と話すうち、「ああ、近況報告できる人がいるのって、いいなあ」と思った。頻繁に会う人との関係もいいけれど、こうやって何ヶ月かに一回だけ会えるっていうのも、またいい。


今は、SNSを日常的に見ているので、なんとなく「その人がいま何をしているのか、何を考えているのか?」わかったような気になる。だけど、やっぱり生で会わないとわからないことが、たくさんたくさん、ある。


その人の、表情の変化を見たり、話す声を聞いたり、空気感を感じたり。
楽しそうなエネルギーや、沈黙の中に、何かを感じたり。
言語化できない情報をたくさん感じ取れる。


そして、会っていない間に、ひとりひとり、いろいろなことを経験している。
それが、おおむね楽しかった人もいれば、
それが、おおむね苦しかった人もいて、

いますごくスッキリして意気揚々としてる人もいれば、
いま混沌の中でぐるぐるしてる人もいる。


暮らしや仕事に慣れるまで怒涛の期間を過ごしてる人もいれば、
ある程度起動に乗って、事業が進んだ人もいる。


 数ヶ月ぶりに友人の子供を見ると「ぐんと背が伸びたねえ」「言葉がでるようになったね」と感じるのと一緒で、会ってないからこそ、お互いの変化が鮮明に感じ取れる。

主観世界の中の他者、もうちょっと中立に感じたい



約半年ぶりに会った友人とおしゃべりしていて、印象に残ったのは・・・ 真面目な人ほど一人で抱え込み、「こんな自分なんて」と思いつめちゃうこともあるんだなって。客観的に見れば順調に見えても、本人の中では辛い時もある。


彼のSNSからはまったく感じられなかったから「え〜!そういう状態にいたんだ」と驚いた。


話をしているうち、 自分の捉え方で悲劇を作りだしていたことも気がついて・・・「あ、意外と自分は大丈夫で、実は全然おかしくなくて、これから前を向いて現実的に動けばいいんだ」という状態に、ちょっとだけリセットされる瞬間が垣間見えた。もともと能力のある人だから、元気になるといいな。


近況報告に、理由はいらない。




ひとりだと抜け出せないときもあるよね。


ネット上だけの関わりって、どうしても主観世界の中にちょっとだけ他者がいるようなバランスになりがち。 だから、誰かの言葉も、中立ではなく自分の状態に依存して解釈しちゃう。誰かと触れ合っているようでいて、実はあまり深いところで関われていないこともある。


SNSやブログは、生で会うより心の声を素直に現せる媒体でもあるけれど、他者が見ている前提で発信する媒体でもある。だから、そのままの姿とは多少なりともギャップはあるもの。


そんな中で、相手を「こんな人だ」と固定的にとらえたり、自分の都合の良いように解釈したりすることもある。だからこうやって、ときどき生で会い、近況報告できるのは、偏見がなくなる良い機会だなあと思った。


ただ、「相手が忙しいかな?」「用事もないのに、どう思われるかな?」って考えすぎて、遠慮しちゃう人も多いと思う。 ときには、忙しくて会えなかったり、メールを見てるけど返信できないこともあるでしょう。



でもね、わたし自身、誰かが「最近、忙しそうだから遠慮してたけど、久しぶりに会おうよ」と 声かけてくれると、すごく嬉しい。

「最近こうだったんだよー」と、別に用事もなく友達から連絡があると、ほっこりする。

仕事やプライベートで、相談に乗ったことのある人から「あれから、こうなりました」と報告をもらうと、良かったなあと思う。 


そういうことには、理由なんていらない。だから、あんまり考えすぎずに。 


人って、ほんとに変化する。 何ヶ月、半年、一年。同じ人とは思えないほどに。
そして、知らない時間があるからこそ、いい関わりができることもある。

最後に


久しぶりに、近況報告したい人がいれば、してみよう。
思ってる以上に、相手は喜んでくれるかもしれないよ。


久々であるほど、ちょっとドキドキするけれど、心を開いて話すうちに打ち解けて、また新しい関係性がはじまるよ。

 

◾️メルマガをはじめます「ぽっちりライフを描こう」 限定動画、記事、講座の案内がほしいかたはこちらにご登録を

◾️ヒビノケイコのプロフィール・執筆&講演履歴と依頼はこちら



■ヒビノケイコ4コマ新聞のFacebookページやツイッターでは、ブログ記事で書いていない情報も発信中!
はじめての方で「いいね!」と思っていただけましたら、一押しお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加






◾️2刷目再発売、よく売れてます。都会から山奥へ、30代移住9年目。田舎暮らし、起業、子育て、地域のお付き合い。楽しさも悩みも、すべてつめこんだエッセイ漫画。






◾️「ヒビノケイコが最近読んだ本10冊」
◾️「ヒビノケイコが愛用するキッチン道具Best10」日本の老舗の逸品~最近のヒットまで


◾️自然派菓子工房オーナーとしてオススメする「質の良いお菓子材料・サイトまとめ」



◾️私がオーナーをしている自然派菓子工房「ぽっちり堂」山の素材で手作りした優しいお菓子ギフト・内祝いを全国通販してます。