九州の方では地震が大変なことになっていますね。知人友人もおり、被災された方のことを思うと、なかなか夜寝つけません。心配しつつもできることをして、そして自分たちの暮らす場所でも地震に備えて・・・日常をしっかりと生きていこう、と思っています。

さて、嶺北高校魅力化特命官・瀬戸さんとの対談2へのご感想。(参考記事
「子供に期待する前に親自身も学べ」 方程式がない時代、学校も行政も答えを持ってないメルマガの方で頂いてますが、こちらでも少しご紹介。

まず、とにかく面白かったです。1話目を観て問いの立て方が良く分からないなぁと思いましたが、ちょっとヒントが得られた気がします。

(〜略〜) 

親の意識って凄く子供を苦しめる事が有るから気を付けないとと思います。本当に面白くて笑えたし、そうか!と気づきもありました。ケイコさんのぱきぱきした話し方も好きです。対談については、少しお話に出ていたマッチョな方達とのカラダの話を聞いてみたいです。 

(対談が聞きたい方はメルマガにご登録ください。動画でアーカイブをお届けしています。)
 

ご感想、ありがとうございます。親の意識、大事ですね。深くて大きな愛情で子供を受け止めることはいつの時代も大事なことに変わりはありませんが、社会の中で生きていくための力は、時代背景によって必要なものが変わりますね。

 

そして、対談へのご希望いただいた、マッチョな方たちとの体の話・・・(笑)そうですね、今後、どなたかとお話しできればと思います。
 

そういえば!こないだ沖縄で、仕事仲間のしまださん主催のランチ会があり、そこで出会ったマッチョな男に「ふんどしマン」のゆーぞーさんが。どんなんやねん!とツッコミたくなる名前ですが、真面目に日本文化「ふんどし」を広める活動をされています。
 

36

東大卒・イタリアへファッション留学をして最近日本へ戻ってきたそう。そしてふんどしの会社を作るそうです。TEDにも出てる、エリートふんどしマンなんですよ(笑)彼のスピーチ、ちょっとした楽しいしかけもあり、内容も勉強になるのでおすすめですよー↓


 
 

最近、わたし自身も、やっぱり体がしっかりしていないと、やりたいことができないな〜ということを切実に感じていて、暮らしに少しずつ運動を取り入れるように。瀬戸さんとの対談でも、こんな風に話していましたね。


ヒビノ:そうそう(笑)もともと文系だから、そういう人って今まで近くにいなかったんですけど、 今は一緒に学んだり仕事してたり。めっちゃ頭が良くて能力も鍛えておられるけど、同時に筋肉も 鍛えてるみたいな。

 

その方達をみて、「ああ、体さえデザインできるんだ!」って思ったんです。トレーニングすれば。 顔も同じですよね。女の人はやろうと思えば、すぐに変われる。今わたしは、結構ころころ髪型 変えたりメイク変えたりもするんですけど、昔は「こんな自分は変われない」と無意識で思ってた んです。だから何もしなかった。

 

でも、違った。なりたい自分になれるし、ありたい自分であれる。そういう意味で、体レベルで も変わるんだから、脳レベルでも全然できるんじゃないかっていうのが最近の発見です。
 


表現と生き方。ふんどしを勧められても、今まで興味が持てなかったのは・・・



マッチョというと、どこかナルシストな男のイメージを持たれる方もいるかと思います。ですが、ゆーぞーさんはじめ、インテリ系マッチョ(?)と出会うたびに、そのイメージは塗り替えられていくのが面白いです。
 

今までも、他の方に「体にいいよ」「日本の文化だよ」とふんどしを勧められたことはあったんです。でも、いまいち、興味を持てなかった。

 

でも、ゆーぞーさんが勧めてると、なんか興味を持っちゃう。なぜかというと・・・・ふんどしがめちゃくちゃ似合っているからです!なぜ似合っているかというと、ふんどしが似合う美しい筋肉が、体についているからです。これ、すごく単純なことなんですけどね。



実は、彼の本業は「パーソナルトレーナー」。東大での研究も筋肉(生理学)だったそう。やはり、表現でもなんでもそうですが、実際それを生きてるか?ということの大切さを、知らしめられた出来事でした。

 

いくら「これがいいよ〜あれがいいよ〜」ってうまく言っても、実際自分がそれを生きていないと醸し出すことのできない説得力がある。これは、見えないので、感じることしかできないんですけどね。言葉に人生が伴っているか、自分なりの哲学が伴っているかどうかは重要なことです。

 

だから「表現力を磨きたい」という方には、生き方を磨く、ということもセットでおすすめしてます。 周りにいた方たちも、むしろ筋肉から興味を持って、「ふんどしをかっこよく付けられる体になりたい!」という感じになってました。(パーソナルトレーナーとしての営業も、お上手)


しかも、ふんどしマンはいつでもどこでも、ふんどし一枚あれば、タレント性を発揮できるのがすごい。ふんどし一枚履けば、そこがステージになり、祭になる。彼が愛されキャラ(若干お調子者?)っていうのも大きいとは思うんですけど、沖縄もヒッチハイクで移動できており、出会う方々に喜ばれている印象でした。

大人になればなるほど、いらない偏見もなくなり、どんなものでも素直に生かしていけるようになる。そんな気配が楽しい、今日この頃です。 

 

今日のひとこと


表現力を磨きたければ、生き方も同時に磨こう


◾️メルマガをはじめます「ぽっちりライフを描こう」 限定動画、記事、講座の案内がほしいかたはこちらにご登録を

◾️ヒビノケイコのプロフィール・執筆&講演履歴と依頼はこちら



■ヒビノケイコ4コマ新聞のFacebookページやツイッターでは、ブログ記事で書いていない情報も発信中!
はじめての方で「いいね!」と思っていただけましたら、一押しお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加






◾️2刷目再発売、よく売れてます。都会から山奥へ、30代移住9年目。田舎暮らし、起業、子育て、地域のお付き合い。楽しさも悩みも、すべてつめこんだエッセイ漫画。






◾️「ヒビノケイコが最近読んだ本10冊」
◾️「ヒビノケイコが愛用するキッチン道具Best10」日本の老舗の逸品~最近のヒットまで


◾️自然派菓子工房オーナーとしてオススメする「質の良いお菓子材料・サイトまとめ」



◾️私がオーナーをしている自然派菓子工房「ぽっちり堂」山の素材で手作りした優しいお菓子ギフト・内祝いを全国通販してます。