春休みの9歳の息子。わたしとの日課は、おべんとう作り。(関連小学生男子と春休み弁当「おにぎりはどうやって作るの?」と大学生に聞かれて考えた親のできること

今日のお弁当は、サンドイッチ。

定番のたまごサンドに加え、ちょっと香ばしく焼いたイングリッシュマフィンにはさんだ、ウインナーとお野菜。春らしくクレソンをそえて。

DSC00639

春といえばいちご!今回はヨーグルトでフルーツサンドに。持ち歩くには、生クリームを固めにホイップしないと固まらないのでダメなんだけど、すぐに食べるならヨーグルトでも大丈夫。あっさりと甘ったるくなくて、わたしはこっちのほうが好き。おすすめ。

DSC00628

他の具もいろいろ。

DSC00624

サンドイッチの景色っていいよね。



きゅうりやたまごをカットするのは簡単なので、子供でもやりやすいね。「にゃーん!」と言いながら、猫の手で作業する息子氏。

DSC00622

たまごをマヨネーズと塩こしょうでまぜまぜするのも、やりやすいね。

DSC00623

並べるのも、自分でやる!というのでどうぞーってことで。「斬新なものを作る!」というので見ていると、完全に斬新すぎて、「ちゃんと自分で食べてね〜」と思いました(そして、おいしいと食べていた)

DSC00629

サンドイッチはカゴいっぱいにつめこんで、山へ。ボトルに入れてあるのは、息子は自分で作った小夏ソーダ。わたしはあったかい紅茶。


DSC00640


今日も、おいしかったね。



おやすみ。いい夢を。
 
◾️「ヒビノケイコが愛用するキッチン道具Best10」日本の老舗の逸品~最近のヒットまで


◾️自然派菓子工房オーナーとしてオススメする「質の良いお菓子材料・サイトまとめ」


◾️メルマガをはじめます「ぽっちりライフを描こう」
 自主開催講座の告知ご希望の方用

◾️ヒビノケイコのプロフィール・執筆&講演履歴と依頼はこちら


■ヒビノケイコ4コマ新聞のFacebookページやツイッターでは、ブログ記事で書いていない情報も発信中!
はじめての方で「いいね!」と思っていただけましたら、一押しお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加




◾️2刷目再発売、よく売れてます。都会から山奥へ、30代移住9年目。田舎暮らし、起業、子育て、地域のお付き合い。楽しさも悩みも、すべてつめこんだエッセイ漫画。






◾️「ヒビノケイコが最近読んだ本10冊」


◾️私がオーナーをしている自然派菓子工房「ぽっちり堂」山の素材で手作りした優しいお菓子ギフト・内祝いを全国通販してます。