講演のときに20代くらいの女性がしてくれた質問。

「けいこさんは、アート、暮らし方、移住、子育て、起業・・・その時々のことをしっかりと選んで来られてますよね。 わたしはなかなか選べなくて、腰があげられません。選ぶ時には、いつも100%これがいいと思ったことを選択されているんですか?」

IMG_0011


そうだなー。つねに100%完全じゃないなあ。


いつだって、不完全な状況。その中で、諦めることを諦め、手放すものを手放しながら、大切にしたいものを選んでる気がする。今の状況の中で、ベストのもの・未来に何か生み出せそうなものを、なるべく選んでるだけ。ぜんぜん立派なものじゃない。


 子どもが小さい時には手がかかるし、その状況に合わせてやってきた。執筆やイラスト描きだってずっとしたかったことだけど、ネットショップがある程度うまく回るようになるまでは、こちらに移行することはできなかった。カフェをしていた時は、忙しくて家のことに気をおけないまま、お店を盛り立てた。


いつだって、いびつなんです。


 じりじりしながら、でもなんとか、一歩でも少しずつ少しずつやってきた。 全てが完全になる時なんてない。だけど、ちょっとでも進む。かすかでもいいから、進むことが大事。


 子どもが寝てる間に「今日は一つだけしたかったことができた」「10分でも15分でも、やりたかったことをした」それで十分だし、やってみた自分をほめてあげてほしい。

IMG_0010

100%完全な状況になるのを待っていると、そんなものは来ないから、ずっと動けなくなる。子供が大きくなるまで、と思ってたら親の介護が必要になって、さらに夫のサポートをしているうちに、自分の時間なんてなくなるかもしれない。


不確実な揺れる時間の中で、いかに自分のスペースを無理矢理でも確保していくかが女性にとってはポイント。


 少々いびつでもいいから、何かしら選んでみる。そこから歩みたいプロセスがなんとなく構築されてゆき、後から振り返った時に、ちょっとした積み重ねが膨大な「あなただけの軌跡」になっている。


そこには決して正しい答えなんてなく、迷ったり間違ったり、批判されたりかっこ悪かったり。選ぶことには責任と痛みも伴う。



そのかわり、あなたが作った景色ができる。

わたしも一緒に、見てみたいな。



◾️何かご質問・ご相談あればこちらからどうぞ^^面白いものはブログ上で答えます。→
◾️ヒビノケイコ4コマ新聞のFacebookページやツイッターでは、ブログ記事で書いていない情報も発信中!

はじめての方で「いいね!」と思っていただけましたら、一押しお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加



■ ️私がオーナーをしている、自然派菓子工房「ぽっちり堂」
山の素材で手作りした優しいお菓子ギフト・内祝い
(インタビュー依頼、グラフィックファシリテーションもご相談ください)