003




東京などから高知に移住した友人たちが驚くのは、大人と子どもが入り混じった飲み会や会合が沢山あること。東京では、大人は大人だけで、という会がほとんどで階層も似通った付き合いになりがちだったから、いい意味でびっくりしたと。

「田舎は子どもの人数が少ないから、コミュニケーション能力が少なくなるんじゃ?」と言われることもありますが、そのぶん田舎では年齢を超えた縦のつながりがあり、子どもと大人の付き合いもさかん。

その中で培われるコミュニケーション能力は、社会に出たときに得。実際大人になってから、どこにいっても可愛がられ、気づかない実力になっている子の顔が沢山思い付きます。

会合も、最近では若手の家族連れメンバーで、お互いに家庭に負担がかからずみんなで楽しめる工夫をするように。

こないだ行われた移住支援NPOれいほく田舎暮らしネットワークの会では、子ども用と大人用にそれぞれ食べやすい味のカレーが用意されていたり、子ども達のために遊べる部屋や映画が用意されていたり。大人はその間にワークショップをして…工夫されていて居心地が良かったです。

「若者にどうしたら地域作りに参加してもらえるかわからない」という声を全国の地域で聞きますが、みんなが行きやすい状況、家族ぐるみで楽しめる状況を作るといいかもしれませんね!

◾️ヒビノケイコ4コマ新聞のFacebookページやツイッターでは、ブログ記事で書いていない情報も発信中!
はじめての方で「いいね!」と思っていただけましたら、一押しお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加



■著作エッセイ漫画
山カフェ日記~30代、移住8年。人生は自分でデザインする~
山カフェ日記~30代、移住8年。人生は自分でデザインする~ [コミック]










■私がオーナーをしている、自然派菓子工房「ぽっちり堂」
山の素材で手作りした優しいお菓子ギフト・内祝い