ネットでも雑誌や本では、よく「モテテク」や「恋愛論」が語られてますね~(*・ω・)ノ私は結構ミーハーなので、そういうのを眺めるのは好きです(笑)。そしていつも「へえ~!すごいなー」「ほおお、なるほど~」と思いつつも、私の感じる「恋愛」とか「愛」の概念とは違うことを感じます。今日は、かなりマイナーな少数派の恋愛論に挑戦してみようかと。多数派にモテたい人には参考にはならないのでご注意をΣ(・ω・ノ)ノ
image

■数字もスペックも誇れない、少数派の恋愛


「何人と付き合いました」「経験人数は3ケタ」とか「合コンテク」「スペックが~」みたいな話がよくあるけれど、私はといえば・・・
■付き合った人数なんて一桁。合コンは行った事なし。
■多数からモテたことはなく、時々マニアックな少数派に崇拝されるパターン。
■私の弱い面も強い面も、良い面も悪い面も含めて理解し、それでも好きでいてくれる一人がいればいい。
■「男を落とす、女を落とす」の概念が分からない。

正直、一般的に全然モテるタイプではないんですよね.。゚+.(・∀・)゚+.゚でもまあ、お互いに信頼し合い、長年一緒にいて面白いと思えるパートナー(夫)は見つかったのでそれで十分かなあと思っています。「大切な一人」だけ見つければいいんです。
001

■「大切な一人」と出会うには、モテテク意識より「自分がやりたいことに邁進する」こと。



過去、失敗したなあと思った恋愛の特徴は、、
・寂しい気持ちや、やりたいことが見つからなくて何かで埋めたいと思った時、恋愛に逃げる。タイプのイケメンと付き合うが中身が合わず、消耗する。

それにはどこか振り回されたい自分がいて、あっさり言うと、「ひま」だったんですよね川 ̄_ゝ ̄)ノ
自分が充実してないときの恋愛はダメです。

反対に、
・自分が今までの失敗に気がついて「こう生きたい」と次のステージに向かって進んでいるときに寄ってくる人は質がいい。そしてお互いに仕事や活動へのパフォーマンスが上がる。

・モテテクを意識するより自分がやりたいことに向かうほうが、人の魅力は上がり、その結果効率よく自分に合う人が寄ってくる率が高まると思うようになりました。

■かけひきをねちねちしてくるイケメンより、ストレートで誠実な信頼できる男友達と付き合う方がいい。


image
駆け引きって恋愛のはじめには楽しいと思うんですけど、正直言ってめんどくさいです。・゚・(ノД`)。テクも飽きるし、浅ければ冷める。私のように、「さっさと付き合ってしまい、付き合ったあとに関係性を育てて深めていくこと」にエネルギーを使いたいなあと思う人もいると思うんですよ~。



夫とはもう13年のお付き合い。もともと、自分たちが素敵だと思った活動、NPO、経営者さんを全国から呼んで講座カフェを企画するサークルを一緒にやっていたんです。みんなでよく飲んだり、遊んだりしているメンバーの一人でした。それが、ある日突然告白されてめっちゃびっくり。それまで私は「男友達」と認識している人と付き合ったことがなかったので、「大丈夫かなあ」とも思いましたが、価値観の根っこが似ていて気は合うので、一度お付き合いしてみることにしました。
image

■恋愛テクに長けてないなら、ストレートにさっさとぶつかれ



「あのとき、なんでいきなり告白したの?」夫にききとり調査をしたら、
→私は一見とっつきにくいタイプで鈍感なので(ヽ(TдT)ノ)さっさとぶつかった方がいいと思った。

→自分は恋愛テクに長けてないから、ストレートで誠実にいくしかない。ダメだったら諦めて次。その方が、早くて確立も高いとのこと。

■味わい深い「こんぶ男子」と育っていく恋愛。


駆け引きはないし、素直すぎるくらい素直な入り口だけど、夫とは付き合ってみればみるほど、味が出てきました。草食でもなく肉食でもなく「こんぶ男子」ですよ。かみかみ。じわじわ。

基本的な価値観が共通しているので楽しく、いつも違う視点を与えてくれて面白い。安心できる人なので、私がやりたいことに打ち込むことができパフォーマンスが上がる。こういう「育っていく恋愛」もいいなと思いました。もし、自分のタイプばっちりな駆け引きしてくるイケメンとの恋愛で消耗しているなら、一度は信頼できて一緒にいるのが楽しい男友達と付き合ってみるのもありかと思います。

■スペックや条件で結婚を決めていないからこその信頼


社会人になった後のスペックや条件で結婚を選んだわけではなく、お互いにこの人と暮らしていきたいと思ったから結婚しました。なので、世の中のスペックとか条件論から言えば、私たちはどちらも足らないもの同士です。でも、いい時も悪いときも一緒に経験し、どん底の時でも支えあってきたからこそ、すごく信頼は厚いんですよね。条件が悪くなったからって別れないし。これからますます私も彼も育っていく可能性を感じられる。そうやって、応援しあえる関係性が作っていけるなら、それはそれの幸せがあると感じます。
image
夫に「なんで私が好きになったの?」ときいてみました。そしたら、こういう答えが。

・「ケイコちゃんは、今は随分丸くなったけど、あの頃本当に毒舌やったよね。時々はらはらもしたけど、周りを気にせず自分が思ってることをはっきりと表現していくところが好きになった」

・「結局、ドキドキ期間は過ぎるやろ~。感情がフラットになった後でも、日々面白い人やなあ、発見があるなあと思える相手がいいと思う」


とのこと。しかし、毒舌がポイントだったとは・・・Σ( ̄ロ ̄|||)確かに、夫と私は価値観の根っこは似ているものの、発想とか視点は違うんですよ。自分の中にない発想があるってことが、私も一番一緒にいて楽しいところだし、違うことで時々腹も立つけれどそれが学びにもなる。自分の中の多面性が育ち統合化が図れていく相手というのは飽きないものです。

・「若さと美しさは劣化して下がっても、内面は熟成されて上がっていくから、面白い人の方が伸びしろが高いと思う」

この言葉にもおお~!と思いました。夫いわく、特に30代後半~40代からは勢いやタイプだけじゃ好きでいられない。内面が浅いとキツくなる一方。熟成されさらに伸びていく人と一緒にいたいなあと私も思います。

■1人に求めて全部カバーしてもらうのは無理。


結局「一人の人に数多くのことを求めて、かなえてもらうのなんて無理だよね」と思う今日この頃。お互いに育てあう中で、相手に求めすぎないことの大事さや、諦め力も自己解決力もついてくる。
自分や相手が全てを網羅できないからこそ、二人だけの世界で完結せずに、幅広く感化し協力できる友達が広がる。
そこがまた、育てあう恋愛のいいところなのかもしれませんね。
■この記事はいかがでしたでしょうか?
ヒビノケイコ4コマ新聞のFacebookページやツイッターでは、ブログ記事で書いていない情報も発信中!
はじめての方で「いいね!」と思っていただけましたら、一押しお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加




■著作エッセイ漫画
山カフェ日記~30代、移住8年。人生は自分でデザインする~
山カフェ日記~30代、移住8年。人生は自分でデザインする~ [コミック]







■私がオーナーをしている、
自然派菓子工房「ぽっちり堂」
山の素材で手作りした優しいお菓子ギフト