棚田の見えるお宅へお邪魔して、山菜の天ぷらパーティーに参加させていただきました。
夕焼けの色と山がうつりこんできれい・・・。
高知の山奥では山菜がたくさん。今日あったのはこちら。
 
今が旬の藤の花!きれいだしおいしいんですよ。最近藤を見るときに「きれいだな~」より先に「どの部分を食べようかな・・・」って思ってしまうΣ(゚д゚;)
 
うど、たらの芽、アスパラ、
 
こしあぶらはやっぱり香りがよくて最高です。
 
山菜の天ぷらの場合は、からりと揚げるとおいしいです。
そのため、衣には片栗粉を使うのがポイント。
できるだけ薄くつけるのがコツですよ♪


■山菜の天ぷらレシピ
(材料:4人分)
好みの山菜(たらの芽、うど、こしあぶら、藤の花、よもぎ、こごみなど)…適宜

ころも(卵2個、小麦粉1カップ、片栗粉大さじ6)

・揚げ油、塩

■作り方
1. 山菜は下ごしらえする。根のかたい部分を切り落とす。(アク抜きをしない場合はすぐに揚げること)
2. 計量カップに卵を溶きほぐし、冷水を加えて1カップにして卵水を作る。
ボウルに小麦粉と片栗粉をふるい入れ、卵水を加えてさっくりと混ぜ合わせる。
3. 山菜をころもにまんべんなくくぐらせ、中温(170℃)の揚げ油で揚げる。
揚げたてがおいしいですよ~^^油を切って、塩やレモンをつけてどうぞ。

今日は、この天ぷら以外にも山の幸がたくさん。これは竹の子。
 
こちらは、いたどり。
 
 とってもおいしかったです。ごちそうさまでした!
山菜のてんぷらは春だけのぜいたくな楽しみ。
香りが強いからこそ天ぷらにするのがおいしいですね。よもぎや身近なものから、ぜひお試しください。
■この記事はいかがでしたでしょうか?
ヒビノケイコ4コマ新聞のFacebookページやツイッターでは、ブログ記事で書いていない情報も発信中!
はじめての方で「いいね!」と思っていただけましたら、一押しお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加




■著作エッセイ漫画
山カフェ日記~30代、移住8年。人生は自分でデザインする~ 山カフェ日記~30代、移住8年。人生は自分でデザインする~ [コミック]







■私がオーナーをしている、
自然派菓子工房「ぽっちり堂」
山の素材で手作りした優しいお菓子ギフト。