ヒビノケイコの日々。人生は自分でデザインする。

30代、移住11年。都会から山奥へ。高知県嶺北地方、ヒビノケイコの漫画日記。 田舎暮らしと子育て、カフェ&ネットショップ起業、ブログ・講座運営。 田舎のお付き合い。 移住支援活動、日常に役立つ仏教。 悩みながら成長して作ってゆく、新しいライフスタイル。

2016年04月

今日は、ふとした瞬間にお花をいただいた。わたしに合いそうな花・・・ということで、ガーベラを2輪。お花って、いつもらっても嬉しいものだ。特に、ガーベラは好き。学生のころ付き合っていた人に初めてもらったのは、抱えきれないくらい大きな花束だった。「こんな彼女な ...

これからの暮らしを考えるwebメディア「灯台もと暮らし」”かぐや姫の胸の内”というコラムでインタビューがアップされました。こんなお話が載ってます。・移住9年目。自分の人生は自分でデザインする・自分の立ち位置を体感してつかみ、積み上げていく日々・リアルに軸足を ...

「そうたが春休みにできるようになったのは・・・チャーハン作りやで!!!」春休みが終わって新学期。息子は4年生になった。親子での春休みのテーマとして、毎日のおべんとう作りをしていた。(関連記事小学生男子と春休み弁当「おにぎりはどうやって作るの?」と大学生に ...

嵐が去った。きのうの晩は、とても荒れたようで、風の音や木の揺れる気配、となりの川で水がゴーゴー鳴ってる様子を聞いた。うちの家は敷地が山いっこぶん。これはたぶん田舎にしかない現象だと思う。だから、あそこに咲く桜の花も、 足元に踏みしめるよもぎの草くさい香りも ...

うちの子、繊細すぎて社会で生きてけるか心配なのこどもマルシエで友人の息子さんが描いて販売していた絵。「うちの子、すごく繊細で、社会で生きていけるのか心配なの」という女性の話を聞いた。例えば、「そのへんで売ってるものは添加物に溢れたものばかりなのに、うちの ...

コントラストと美しさ沖縄から高知に帰ってきて、まず驚いたのは、行きと帰りの景色が全く違うこと。咲いていなかった桜が咲いて、こんなに本土の山里って涼しかったかな・・・と思う。沖縄では、鮮やかな赤とか緑の植物があちらこちらにあったのに、四国の植物の色は淡い。 ...

沖縄という場所気だるいのに、暑さが嫌いなのに、それをしのぐくらい鮮やかな植物につられて、行ってしまう場所。それが、わたしにとって沖縄かもしれない。出張のため、欠航になりそうだった飛行機に運良く乗った。うとうとしながら翼の王国を読んでいたら、あっという間に ...

ヒビノケイコ@hibinokeiko自由になるのは、自分の生み出す苦しみから。そして、もっともっと自由に、自分の持ち味や性質を生かして生きることも。両面から語られた本です。2016/04/01 21:18:42自由になるトレーニング [Kindle版]プラユキ・ナラテボーEvolving2016-03-31電子 ...

↑このページのトップヘ