ヒビノケイコの日々。人生は自分でデザインする。

30代、移住11年。都会から山奥へ。高知県嶺北地方、ヒビノケイコの漫画日記。 田舎暮らしと子育て、カフェ&ネットショップ起業、ブログ・講座運営。 田舎のお付き合い。 移住支援活動、日常に役立つ仏教。 悩みながら成長して作ってゆく、新しいライフスタイル。

2015年10月

最近、webメディア「灯台もと暮らし」編集長の佐野知美さんが、東京からやってきて、2日ほど滞在してくださっていた。以前から仕事などでメールのやりとりはしていたけれど、お会いするのは初めて。佐野さんは、先日放送されたNHKの番組「人生デザインU29」で特集されてい ...

「こどもマルシエ」という、こどもが自分で考え、一般のお客さんに作って売る。お金の交換もする、という機会を季節ごとに開催されるお山の手作り市の中で企画している。移住者ママたちの発想からはじまり、はじめてみたらこどもにもお客さんにも好評で、このあいだで3回目 ...

落ち込んでるときは、「心より体」が原因かもちょっと最近気持ちが落ちこんでるなあ・・・苦しいことばっかり考えてしまう。やることなすこと迷走ばかり。そんなとき、心を変えよう変えようってしがちじゃないですか?でも、現実には生活リズムや体を変えたら、あっさり治っ ...

「オレに尽くしてほしい」より「この人にキラキラしててほしい」今、あらためて漫画描いてて思ったんですけど、わたしの周りで、自分のやりたいこと(例えば、会社経営、アート、作家など)で成功してる女性を思い浮かべてみると、夫が「妻のファン」である率高っっ!!しか ...

わたし、滅多に「苦手だな」と思う人っていないんですけど、以前こういったことで悩み、混乱してしまったことがありました。そんなとき、10年来の友人であるタイの仏教僧プラユキさんが言ってくれたんです。 苦しまなくて、いいんだよ。 [Kindle版]プラユキ・ナラテボーEv ...

最近こういう話をきくことが続きました。「自分は昔こんなところが、未熟だったんだよねー(笑)」と言えるって、すてきなことだなあと感じました。なぜならそこに、変なプライドがあれば認めることすらできないから。自分を無理やり正当化せず「こういうところが良くなかっ ...

昨日は、共同通信社の方が取材に来てくださいました。11月なかばくらいから、全国の新聞へ配信される予定。わたし、一応「識者」ってことで見解が出ることになってます・・・(つд⊂)ゴシゴシちょっとだけ出ますので、ご当地新聞で見かけたら読んでください。「子育て世代の ...

「移住は結婚に似ている」ということは、離婚もあるってこと。好きで好きで、結婚したい!ってときは、離婚のことは考えない(いや、考えたくない)かもしれません。だけど、現実的には離婚することもあるわけで(*・ω・)ノ移住の場合は、地域と結婚するような気持ち、覚悟を持 ...

小倉ヒラク@o_hiraku地域に根付いて農業とかやらないデザイナーとしての僕のライフスタイルと田舎暮らしのギャップを埋めるデバイスは「最新式家電」なのであるよ。最新テクノロジーを使って節約した時間を、草刈りとか小動物の死骸を片付ける等の時間に振り分ける。丁寧な暮 ...

↑このページのトップヘ