ヒビノケイコの日々。人生は自分でデザインする。

30代、移住11年。都会から山奥へ。高知県嶺北地方、ヒビノケイコの漫画日記。 田舎暮らしと子育て、カフェ&ネットショップ起業、ブログ・講座運営。 田舎のお付き合い。 移住支援活動、日常に役立つ仏教。 悩みながら成長して作ってゆく、新しいライフスタイル。

2015年04月

棚田の見えるお宅へお邪魔して、山菜の天ぷらパーティーに参加させていただきました。夕焼けの色と山がうつりこんできれい・・・。高知の山奥では山菜がたくさん。今日あったのはこちら。 今が旬の藤の花!きれいだしおいしいんですよ。最近藤を見るときに「きれいだな~」 ...

■垣根を作る必要はないこの「友達は友達だから」って言葉を聴いたとき、なんてシンプルなのに言い当てられてるんだろう!と思いました。頭で考えるより、感覚的に腑に落ちやすい。私もそうですけど、「友達は友達」なんですよね。条件で選ぶものじゃなく、好きだから友達で ...

■新鮮な野菜だけじゃなくて、お花もとれる田舎。高知の山奥に移住してから、直販市に行くと、新鮮な野菜と一緒に「新鮮なお花」も買うようになりました。そう、ここにはお花農家さんもいるんです。ある日、お花農家さんのミドリさんから「アネモネがもうシーズン終わり。出 ...

東洋文化研究家で古民家再生の第一人者Alex Kerr(アレックス・カー)氏。廃村寸前だった四国の小さな過疎地域を観光地へと変化させていきます。彼が地方再生のキーワードとして挙げたのは「何もないという魅力」でした。TEDxKyoto2013より、動画を見つけましたのでご紹介。 ...

これ、息子が5歳くらいのときのこと。卵が大好きな息子は、なんとかおいしい卵料理でお母さんを・・・・と思ったんでしょうね。子供が産まれるまでは親が子供に愛情を注ぐイメージしかなかったのだけど、産まれてからは、「ああ、子供は親に愛情をくれてるんだなあ」という ...

この間、日常編集家のアサダワタルさん、高知県立美術館の川浪千鶴さんと私のトークセッションがあった。須崎散歩の情景と一緒に、そのとき感じたことを描いていこうと思います。■アサダワタルさんの第一印象早朝、今回の企画をたてたプロデューサーの濱田さんの車で、アサ ...

 「IQより愛嬌」なんか、となりにいると落ち着くよね。なんか、となりにいるとほわっとするんだ。なんか、となりにいるだけで楽しくなる。なんか、応援したくなる。悲しいときに、ただそこにいてくれるだけでいい。いつもあなたは、近くにいて、そしてふと和ませてくれる ...

田舎のママトーク、何気におもしろいんです^^都会には都会の心配が、田舎には田舎の心配が、それぞれあるんでしょうね。そんな中でもサバイバル能力を高めていく子供達、これからが楽しみです。■この記事はいかがでしたでしょうか? ヒビノケイコ4コマ新聞のFacebookペー ...

 庭や市場でいろんなハーブが手にはいる今日この頃。キッチンもハーブガーデン状態(*・ω・)ノ セロリと、クレソン。 庭に茂りまくったローズマリー。もう垣根になるんじゃないか?ってくらい隆盛です。こんなたっぷりのキッチンハーブを使って、手作りのミートソースを作っ ...

↑このページのトップヘ