014

既存のスタイルに合わせる→自分のスタイルにフィットさせるへ。




田舎に移住してくる人たちや、
新しい仕事を作る人たち、
感度のいい経営者さんの動きをみていると、
こういう流れに変わってきているなあと感じます。


既存の形にあてはめていくと近くはなるのだけど、フィットはしない。
経済成長しているときには、生活するために年収いくらとか安定とか、まわりから整えていく形がスタンダードでした。
ただ、今では乗っている舟(日本や経済)自体があやふやなものになり、アテにできない時代に。



こういう状況の中で、私たちがどう建設的に生きるか?
何を生み出していけるか?
どうやって楽しく生きていくのか?


「自分の人生を自分でデザインする」その答えは、自分の中にあるような気がします。

IMG_0011


一人一人の使命、才能、性質はみんな違う。


例えば移住するにしても、自給自足とかカフェをするとかヒッピーだとか、既存のスタイルに自分をあてはめなくていい。


都会性と田舎性がまじった自分ならではの形や、
手作りも好きだし、ITも好きがまじった形、
お金の収入と、自給的な収入がまじった形、
サラリーマンの田舎暮らしという形・・・
自分ならではの形を作っていけばいい。



それぞれが「自分にとってしっくりくる生き方のスタイル」を素直に作っていく。
すると、世の中の選択肢がどんどん広がっていきます。
「ああ、こんな生き方もあったんだ!」って人の可能性を広げる役割ができます。



また、それぞれがそれぞれのスタイルで生きることにより、
多岐に渡っての社会課題が解決ができる。


自分にはできないことを、人が素直にやりたいと思ってしてくれる。
自分自身もそう。
そうやって、世界が良くなっていくという効果もあります。


024

今までとは違う、成功の形。


これからの成功は、目的のために今を犠牲にするようなものではなく、
今この瞬間から充足感があり、この先にも充足感があるようなこと。
フィットするスタイルを、一緒に探し実践していきたいですね。


ヒビノケイコ4コマ新聞のFacebookページやツイッターでは、ブログ記事で書いていない情報も発信中!
はじめての方で「いいね!」と思っていただけましたら、一押しお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加




____________________________
■幸せになるための移住を応援しています⇒NPOれいほく田舎暮らしネットワーク
移住希望の方への窓口と移住者同士、地元をつなぐネットワーク作りをしているNPO。夫が事務局長をしていますのでお気軽に。
自然派菓子工房ぽっちり堂ネットショップ

yjimage

私がオーナーをしている山のお菓子工房ぽっちり堂。
http://www.pocchiri.com/
田舎に仕事を作るために作った、地元素材のお菓子工房。
焼きたてのやさしいお菓子ギフト。

72DSC_2185[1]ss_cookie_kan_05


全国での講演(移住支援、地域活性化、キャリア授業)や田舎へのスタディツアーも行っています。☆執筆、講演などお仕事依頼はこちらまで→info@pocchiri.com