小2の息子から、こんな料理が作りたいとリクエスト。




027

しゅにん?
しゅにんって誰?
あなたまだ就職とかしてないよね???
と考えたら・・・アノ人しかいない!


それは・・・それは・・・
ダーン!!!
2014-12-23-15-53-19

荒岩主任!!!そう。クッキングパパです!


クッキングパパは我が家のバイブルΣ(・ω・ノ)ノ
台所とお風呂にずらりと置いてあります。



なんでクッキングパパが好きなのかって?
それは、3つの理由があります。


1、「悪い人が出てこない」から安心して読める。
2、「どうということも起きない日々」が淡々と描かれているのがほのぼの幸せ。
3、幸せなごはんとともに描かれる情景が好き。



もちろん悪い人出てきたり特別なことがおこるビビットな漫画も好きですけど、
安心感にひたりたくなった時はやっぱりクッキングパパなんです.。゚+.(・∀・)゚+.゚



夫は小さい頃からクッキングパパを参考にしては自分で料理をしていたそう。
私が妊娠中にはクッキングパパのレシピ「野菜のかきあげ丼」を作ってくれました。


結構不安になったり切羽詰まったときだったので、
優しくておいしくて忘れられない味になりました。



さて、今回の息子からのリクエスト「ロールキャベツ」!

うえやま とち
講談社
1987-08-19





↑7巻にて荒岩主任の部下、田中がかわいこちゃんのために作ってあげたレシピ。
お金をかけずにできるのも特徴で「なんと一人前150円だ!!!」と主任。
キャベツのシンも刻んで入れてしまいます。
028

で、作ってみました~。
実際やってみると、あんなに「作るが!!!」といさんでいた息子は「ぼくはつまようじ係ね~」とひたすらさしてました(汗)とってもおいしかったです♪


あとね、他にもクッキングパパの中には「オールキャベツ」というレシピもあるんですよ(・∀・)
↓この巻にでてるんです。これ、中に入れるものがない時には便利!ってことなのかもしれないけど、まじで食卓に出てきたら「(゚∇゚ ;)エッ!?」「(つд⊂)ゴシゴシ」ってなるレシピかも・・・と有名です(笑)





今回は、7巻のレシピに加え、
夫が「最近流行ってるんやって~」と探してきたレシピ、ロールレタスも並行して作ってみましたよ♪


20131003152747_w300hf

レタスだとすぐに火が通るし味がしみやすい。
そして口に入れた時の触感が「ぱりぱり」ってしていて、イイ。
今回の大発見。ありがとう夫。

029


息子も大満足!
こうやって、家族で一緒に作る思い出も加わるからこそ、
普通のレシピも美味しく感じられるのかもしれませんね。


クッキングパパ、こんなに長く続いている漫画も珍しいと思います。
うえやまとちさんすごい!
030

レシピ本もあるんですね~。

うえやま とち
講談社
1996-12-16

ロールキャベツが出ている本はこちら。

クッキングパパ(7)
うえやまとち
講談社
2012-11-19




■オールキャベツはこちら(笑)



(関連記事)




この記事はいかがでしたでしょうか?

ヒビノケイコ4コマ新聞のFacebookページやツイッターでは、ブログ記事で書いていない情報も発信中!
はじめての方で「いいね!」と思っていただけましたら、一押しお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加




____________________________
■私、ヒビノケイコについて。
高知県の山奥で暮らしながら作家活動をしています。

こちらは新刊のエッセイ漫画♪

山カフェ日記~30代、移住8年。人生は自分でデザインする~山カフェ日記~30代、移住8年。人生は自分でデザインする~ [コミック]









■私がオーナーをしている山のお菓子工房ぽっちり堂。
http://www.pocchiri.com/
田舎に仕事を作るために作った、地元素材のお菓子工房。
焼きたてのやさしいお菓子ギフト♪

72DSC_2185[1]ss_cookie_kan_05


全国での講演(移住支援、地域活性化、キャリア授業)や田舎へのスタディツアーも行っています。☆執筆、講演などお仕事依頼はこちらまで→info@pocchiri.com

■幸せになるための移住を応援しています⇒NPOれいほく田舎暮らしネットワーク
移住希望の方への窓口と移住者同士、地元をつなぐネットワーク作りをしているNPO。夫が事務局長をしていますのでお気軽に。