こんにちは、keikoです。




4月から2週間一度、

大阪芸術学舎で編集の講座を受けていました。






大好きな編集者&著者である、

村松美賀子先生に師事できるまたとない機会。







もともと、私は小さい頃から本作りをするのが夢でした。







憧れていたのは、ターシャテューダーのように

実体験がバックグラウンドにある表現。









実体験の部分として田舎での暮らしや仕事作りをし、

この山奥の暮らしから感じる視点を、

世の中の人へ届けたいと思ってきました。







・・・ですが、何しろ日常が忙しくて、

描くことに時間とエネルギーが割けず表現までいたらない。







雑誌に連載している漫画も「今日半日で仕上げる!」

というくらい時間のない中でやってきました。






それによって培われた集中力はあるのですが、

それでは深まらないところ、

その世界にあと一歩踏み込んでいけないところが悩みでした。







講座は、本を一冊作る課題があり、思ったより超ハード。







朝3時~本を描き、日中は仕事、

夜は子育て、二週間に一度大阪へ講座・・・







ヘトヘトになっている私をみかねて、

夫が「しばらく集中したら」と日中の仕事を

サポートしてくれることになりました。







私は一日中、実体験をベースとするマンガと文章を描いていました。

ですが、それがいくらでもできてしまうことにも驚き、

執筆することへの覚悟もできました。








村松先生からは、懇切丁寧なアドバイスに加え

「川村さんは、描いていくべき人だから」

と今後のことまで応援して頂けたり・・・






出来上がった原稿を経営者の友人に見せたところ、

書籍化のデザイン協力させてほしいと言ってくださったり・・・







本当に、みんなのおかげでありがたい方向へ進んでいます。

感謝することしかできません。









この本は、まずはリトルプレスとして発行する予定です。

今後HP上でも買えるようにしたいと思っていますので、お楽しみに。

_____________________________




そんな中で、今回学んだことが3つあります。




1、「この人は」と思う人に師事することの大切さ


2、大人になってからの学びは、コストパフォーマンスがものすごく高い

______________________________




1、もともと村松先生は、私の中で「すごい人」だったので、

自分なんかがついてけるかな?

質問したりしていいのかな?って不安でした。






ですが、どんな質問にも深い答えを下さり、

今まで私になかった視野を与えてくださいました。





自分よりレベルの高い人に、教えをこうことは勇気がいります。

が、それによってその後の伸び率が全然違ってきます。





本の著者や、すごい活動をしている方でも、

実際に思いを伝えて手紙を書いたりたずねたりすれば、

応えてくれることもありますので、おススメです。





2、大人になってからは、学生時代とは違い、仕事も家庭もあります。






少ない時間をやりくりして、お金も工面して、家族のサポートもあって・・・

やっと、学びの場にいくことができます。






ということは、覚悟もハンパではない。

「この機会を絶対に良いものにしてやる」というモチベーションがすごい。





実際に私のほかの受講していた社会人メンバーも、

学ぶ姿勢が積極的で、

びっくりするほどクオリティの高い作品を作り上げていました。





大学に入るのは何百万もかかります。

が、今は社会人向けの単発講座が、

大学や地域で沢山開催されています。





それは数万円~参加でき、

コストパフォーマンスが非常に良いです。

社会人だからこそ必要な学びが得られます。





大人になっても成長もでき、

いつもは出会えないような素晴らしい仲間と出会える、

おススメの機会です。


_____________________________________


ということで、今回は、大人の学びについてでした。


まずは何よりも、家族や周りの人たちに感謝、ですね^^。


それでは、すてきな一日をお送りください☆

_____________________________________




■ぽっちり堂ネットショップ




お中元の受付始まってます^^

爽やかな、こなつ&ゆずシロップのセットがおススメ。


詳しくはこちらをクリック⇒http://www.pocchiri.com