ちょうどいい幸せをみつけよう。「ぽっちりメルマガ」登録はこちら




最近、メルマガのご感想を頂くことが多いです。




今日は、子育てしている母親の一人として嬉しいメールを頂きました。


ご紹介させて頂き、そこから考えたことを書いていこうと思います。




___以下、東京都Kさまからのご感想メール・ここから____


いつもたのしみにお便り拝見しています。

私はそちら土佐町の生まれで、実家はそちらにあり両親も健在です。


子どもの頃は伊勢川に義理の祖母がいて、

田植えをしたり川で遊んだこともありました。


中学校卒業まで土佐町で過ごし、高校から市内へ、

その後県外へ出たり戻ったり、今は結婚をして東京で生活をしています。


帰省した際にカフェで食事をさせてもらったり、

時々ですが、通販も利用させてもらっています。


とても素朴な味でどのお菓子もとても美味しいですね。


3歳の息子も玄米ポリポリにはまっていました。


カフェの雰囲気も素敵ですね。


地元の素材を使ったお菓子、

ケーキの味など、どれもとても美味しくいただきました。




私も二人の男の子を育てながら働いています。


環境は全く違えども、けいこさんのお子さんとのやりとりや、

仕事や育児、家庭に対する考え方など、

いつも共感できると同時に勉強させてもらっています。


時々バランスを崩して、

気持ちに余裕がもてなかったり、

周りがみえなくなったり、

そんなときにお便りが届くと、

少し励まされたり、たちどまって考え直す時間になっています。


きっと、私と同じように感じている方も沢山いるのではないかと思います。

ありがとうございます。


また帰省した際はそちらを利用させてもらいます。

これからも、頑張って下さい。土佐町を、盛り上げて行って下さいね(^-^)/

______~ここまで~_________________


K様にこんなメールを頂いて、とっても嬉しかったです。




東京と高知では全く環境は違いますが、

与えられた環境の中で、頑張って暮らしているのは同じですね~。




そして、どんな環境の中でも、

子供を愛して育て、

幸せに生き生きと暮らしたい。

という想いは同じなんだなあと思いました。




私の暮らす田舎では、

おじいちゃん、おばあちゃん、地域の人に見守られ、

移住者同士で大家族のように子育てをしています。




子供はとても少ないし、高齢化だし、収入も少ないけれど、

皆一生懸命子育てし、宝物のように育てているのがすごいなと思います。




一方で、東京の友人宅へ行った時、

核家族でお父さんの帰りが夜遅いお家が多いことに驚きました。




だけど、その中でお母さんたちが働き、

ご飯を作り、食べさせ、遊ばせ、

周りとつながりを作って孤立せずに子育てしている。




都会だからこそある、公共の施設や機能も使って、

工夫をして幸せに暮らそうとする。




そんな懸命な様子に、すごいな~って胸を打たれました。




田舎でも、都会でも、

お母さんとお父さんが元気で、孤立せずに子育てすること。




これが大事だと思っています。




同じように苦労もありながらも、

がんばっていきたいですね☆




バランスが崩れること、忙しくて心にも体にも余裕がなくなること。




私もいっぱいあります。




子育ても仕事も、どうしよう~って四苦八苦する毎日です(笑)




ですが、そんな時にバランスが取りなおせるよう、

心が戻って来れる場所があるといいなと思って、

文章を書いていこうと思います。




K様のふるさと・土佐町が、戻ってきた時に安心感が

得られる場所であるように・・・とも思います。




帰った時に、さびれていたり、行きたいお店もない、

仕事もない、若い人がいない。




そんな残念な雰囲気ではないように。




生きている人の雰囲気が、まちの雰囲気になるような気がします。




だから、

昔のままではないけれど、

時代の変化に合わせて、

どこかが進化し成長している。

そんな風に生きていたいと思います。






ふるさとの原風景は、帰れる場所。

だからこそ、

温かさと、明るさがあり、

「心が戻って来られる場所」であることを願っています。




自分の生き方が、まちの幸せにつながり、

誰かの心が戻ってこれる場所になる。




それぞれの人生で、そんな風にできたら嬉しいですね。


_____________________________

PS

大人になってからは、

なかなか面と向かって嬉しい感想や、

ほめ言葉を頂く機会って少なくなるので、

すごく嬉しかったです。

私も、人に対してそんな風にできるように見習いたいと思ったメールでした。

Kさん、ありがとうございました。




ちょうどいい幸せをみつけよう。「ぽっちりメルマガ」登録はこちら