ちょうどいい幸せをみつけよう。ぽっちりメルマガ」登録はこちら



今ではお菓子の贈り物のお店を経営している私達。


「幸せの贈り物」が、コンセプト。


どうして「贈り物」にたどり着いたのか?

山カフェ「育児×仕事×田舎」カラフルな生き方デザイン♪ぽっちり堂漫画エッセイ


それは、自分達夫婦の結婚式がきっかけなんです。





一つの会場を借り切って、オーダーメイド・


できるだけ手作りの結婚式をした私達夫婦。





そんなに大げさな式はしたくないなと思ったんですが、


親や親族など、周りで今まで支えてきてくれた大切な方に、


感謝の気持ちとしてお披露目をしました。


************************************

そのころ私達は京都で、田舎暮らしをはじめていました。

農的な暮らしをしながら、


私は、陶芸など作家活動。夫は、福祉関係のお仕事。





夫婦で共通して、


自然の中で、平和に、幸せに暮らしたい。


そして、社会にも貢献したいという思いがありました。





一風変わった私達の生き方。




これを、周りの方とも共有できたらいいな・・・


応援し応援される、温かな関係性を作りたいな・・・と思っていました。





そこで、結婚式=「自分達の人生の姿勢を伝えるプレゼン」ととらえることにしました








会場の一室で私達の「暮らしの博物館」として展覧会を行いました。








結婚式での一つ一つの演出や、しつらえ、引出物まで、


私達とつながりのある人が作った、ぬくもりのあるものを用意しました。










式の招待状は私がデザインし、京都の和紙封筒に入れてお送りしました。


また、畑で収穫したお花や野菜を知り合いの花スタジオの先生に、


テーブルフラワーにアレンジしてもらいました。


(小さな大根やしいたけ、ミニキャベツが、かわいいお花の隙間にぴょこんと出ていて、


「あなたたちらしいね~」とお客さんに喜んでもらえました。)








ケーキ屋さんの友人はオーガニックのウエディングケーキを作ってもらいました。

式場でのごはんもシェフと打ち合わせの末、




畑で作った野菜を使った老若男女に喜ばれるメニューを考えて頂きました。







引出物に自分で作った陶器・九州の紅茶・オーガニックパウンドケーキ、


仙台のしょうがい者作業所さんの手作りクッキーなど、自分達のお気に入りを集めました。








ですが、手作りにする程、とても手間がかかるんですよね。





正直、ホントしんどい部分もありました。





例えば私は、式の前日まで引出物用の陶器を焼いてましたし・・・(汗)





引出物のラッピング用品を大阪の専門店まで買いに行き、


夜な夜なラッピングする作業もなかなか大変なものでした(笑)







ですが、ゲストに喜んでいただくことができた時には、疲れも吹っ飛びました。








結婚式の中でも、夫が宮沢賢治の詩を読んだり、


私達の根っこを育んでくれた、


京都の出版社の恩師や、


外国の友人がスピーチを下さったり。


ピアニストの友人が私達に贈る演奏をしてくれたり、


夫の勤めていた施設の、


しょうがい者さんも絵と音楽をプレゼントしてくださったり・・・・










感極まった会場で、


お互いの祖母が走りよって抱き合い喜ぶシーンも生まれました。


(この姿には、見ているゲストの方々が感激し泣いてました)






そんな、とっても多様で、温かな式になったのでした。





「こんな素晴らしい結婚式は今までではじめて」


「こんなに感動した式はない」


と来てくださった方々が心から喜んでくれました。







親戚の中でも、ちょっと気難しいと言われているおじ様までも涙を流し、

「君達のことは、これからもずっと、応援していくよ」といってくださったんです。





そんな結婚式をきっかけにして、




周りの方々から温かく見守っていただけるようになり、


「応援される夫婦」の始まりを迎えられた気がします。








結婚式などの機会は、人生の節目。




だからこそ、基本的なマナーを持って周りと交わること。

その上で自分達の生き方をプレゼンし、ぬくもりを持って接すること。

そうすれば、感動とともにお互いが理解し合えるチャンスになる。

お互いに応援し、応援される。




そんな信頼関係を結べる、すてきな機会なんだな~と気がつきました。








特に、親戚は人生を通じて関わっていく相手ですから、


その方たちに見守られる関係を作っておければ、本当に幸せですよね。


**************************************


それからもう8年。その間、色んなことがありました。


出産、移住、起業を一気にやってしまい、激動でした(笑)


でもその都度、周りの方たちが、子供が生まれれば心配して声をかけてくださったり、


温かく見守ってくださったり・・・

山カフェ「育児×仕事×田舎」カラフルな生き方デザイン♪ぽっちり堂漫画エッセイ



高知県の山奥へ移住しお店をオープンしたときには、


周りの方に紹介してくださったり、励ましてくださったり・・・






いつも心から応援してくださる親戚や友人が支えてくれたからこそ、私達はやってこれました。








人生の中では、1人ではグラグラ揺れ動く、つらい時期もある。


何をしても上手くいかない時期もある。


そんな時に、周りの人に応援され、


温かく見守られることに、どれだけ支えられるか・・・ということを体感しました。







考え方や生き方はそれぞれ違っても、


それを超えて、人間として心から応援してくれる。


それって、すごいこと。





だからこそ、そんなつながりのきっかけの一つになる


「引出物」や贈り物を、提供していきたい!と思ったのです。


山カフェ「育児×仕事×田舎」カラフルな生き方デザイン♪ぽっちり堂漫画エッセイ



ぽっちり堂のコンセプトである「幸せの贈り物」の意味は、


周りの方と大きな愛情と信頼関係を結ぶきっかけを作ること。


「応援され力」をつけること。




だから、手間もかかるけれど、


いまだに手作り&温もりは大事にしています。


山カフェ「育児×仕事×田舎」カラフルな生き方デザイン♪ぽっちり堂漫画エッセイ




贈り物を受け取った先様からの「ありがとう」


そして、贈り物を差し上げた送り主様からの「ありがとう」


それを聞いてうれしくて、私達も「ありがとう」


私達がお菓子に焼きこんでいる素材の生産者さんたちからの「ありがとう」


山カフェ「育児×仕事×田舎」カラフルな生き方デザイン♪ぽっちり堂漫画エッセイ


ただ単なる「商品」ではなく贈り物を通して、


たくさんの、ありがとうと感謝が、産まれていく。


だから、くせになってやめられません^^




あなたや家族の「応援され力」を高められますように・・・☆


そんな思いをこめて、これからも、この仕事をしていきたいと思っています。





ちょうどいい幸せをみつけよう。ぽっちりメルマガ」登録はこちら


結婚式の引きで物&内祝い→自然派菓子工房ぽっちり堂(ネット店)