5月、京都造形大学の空間デザイン学科の生徒さん達に、出張講義をしにいってきました♪


今回のお話のテーマは「しあわせをつくる、暮らし×仕事×アート」です。


ぽっちり子育て&田舎暮らし漫画

もともと、京都造形大の教授・コミュニティデザイナーの山崎亮さんがぽっちり堂に来てくださり、「芸大を出て、こういう店を地域でしている方のお話を生徒たちにしてあげてほしい」と言われたことがきっかけ。山崎さんといえば、この本ですね♪


コミュニティデザイン―人がつながるしくみをつくる/学芸出版社



¥1,890

Amazon.co.jp






アートを大学で学んで、その後・・・がとても難しい芸大生だからこそ、「アートを社会で活かし、地域に貢献できる。そして自分もイキイキできる生き方」を見つけていくのはすごく大切なことだと思います。




私もそれで完全に成功しているというわけでないのですが・・・[E:sweat01]そういうスタイルの挑戦者として、経験者として何か学生のヒントになればいいな~と思い、お話させていただきました(‐^▽^‐)




終わったあと、学生さんからたくさんの感想を頂きました。一部をご紹介します♪


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚**:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚




「芸大を出たからアーティストやデザイナーになるだけでなく、純粋にアートが地域に貢献できることはたくさんあるんだなと思いました。自分の将来の可能性が広がりました」





「地元を出たあとで、地元の良さを再発見する。もう一度ちゃんと地元の良さを見つめなおしたくなりました」


「私はまだ何になりたいか、どんな生活を望んでいるのか自分でも分かりません。川村さんの‘幸せと思える生き方をしてほしい‘という言葉は今の私にはありがたかったです。より良い選択ができるよう考えていきます。」




「私も将来、自分が豊かになって、周りも豊かにできる人間になりたいです」








「アートのしかけ(フレーム)を作ることによって、同じものでも新しい景色、見方ができるということを教えてもらいました。そんなフレームを作れる人になれたら本当にすてきだなと思いました」







「学生時代の違和感や、理想とする仕事や人が見つからず悩まれたことを聞いて、今の私がまさにそうなのですごく共感しました。いま少しでも興味のあることに挑戦し、学生時代に色んな力を身につけようと思いました。勇気をもらいました。」




☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。


などなど・・・心のこもった手紙のような感想をたくさん頂いてうれしかったです。


とても素直な学生さんたちが多くて、学ぶところがありました。






これからも、こんな風に自分がしてきたことでちょっとでも役立てることがあれば、足を運んでお話していけたらいいな~と思いました[E:pass]


________________________________________




夏に向け岡林農園さんのこなつやゆずのシロップとのコラボセットを写真採りしました(-^□^-)7月最初にアップ予定です~♪とってもさわやかなドリンクとお菓子が相性よくておススメです。





全国通販ネット店はこちら♪→お山のカフェ&自然派菓子工房ぽっちり堂